ふりかけ
今日は寒の戻りということで、また冬のような寒さだったこともあり、夕飯はスーパーで買ってきた、パック入りのおでんでした。

普通におでんも代わり映えしないので、物色するうちに目に入った“静岡風おでん”というのを、少々高めだったのですが、珍しく思い購入。

食べ慣れた関西風に比べ、“ダシ”が少々(かなり)濃い口だったものの、大根なんかにはよく染みていて、大変美味しかったです(^^)

他にも、黒はんぺんとかいう、これも関西には馴染みのないものでしたが、一番驚いたのは、おでんには定番の“牛スジ”の代わりに入っていた“豚のモツ”
こんなのおでんに入れたら、臭くて食えないんじゃないかと思い、恐る恐る口に運んだのですが・・・

怪訝された“臭み”はちゃんと抜いてあり、食感もよく、牛スジとは違った美味さに、驚かされました。

しかし、この静岡風のおでんで、最大のカルチャーショックだったのが・・・



皿に盛った後に具材にかける“ふりかけ!”

あれは少なくとも関西にはない習慣だから、素直に驚きました。

で、あのふりかけって結局なんなのかと思ったら、なんとカツオの粉と青のり!

お好み焼きやん!!(^▽^;

少し残ったもの、いつか家でお好みや焼きそばの時、使わせてもらいます(笑)
[PR]
by yaskazu | 2015-03-23 23:25 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/23817038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 警部殿 ボ〜 >>