協定書
先日の市議会にて、大阪都構想の協定書が、紆余曲折の末、漸く可決されました。

あとは府議会を通った後、5月17日に予定されている、住民投票で、文字通り住民の意思によって、都構想の是非が決まるのを、待つのみです。

とは言っても、この住民投票の対象となるのは、大阪府大阪市在住の大阪市民のみで、大阪府寝屋川市在住の自分には、投票権はないんですよねぇ・・・(^^;



この住民投票、本来は大阪市と堺市、その周辺の大阪府内の各市をひとつに纏め、対象になる地域全体で行う予定だったもだったんですけどね(但し、その場合でも寝屋川市は対象から外れてたんですが(笑))

ところが、堺市がこれを拒否し、都構想には参加しないことを表明してしまったことで当初の予定が狂い、これがきっかけになって維新と他会派の対立が深まり、色んな紆余曲折の末、取り敢えずは大阪市を、現在の24区から5つの特別区に編成しなおし、行政をスリムにする案として出来上がったのが、今回の協定書。

行く行くは、当初の予定通り、大阪全体をひとつの大都市にするのが最終目標なので、本来なら大阪府全体で行うのが理想だと思うのですが、現段階では直接対象となり、最も大きな影響を受けるのが大阪市だから、住民投票も大阪市のみというカタチで、今回は落ち着いたということです。

というか、ここは“大阪市だけ”という条件を飲まなければ、協定書が可決されなかったという事情もあるんですけど、そこは正に“政治の駆け引き”というヤツですな(^^;

以前から公言してるように、自分は都構想には賛成の立場なので、当初の予定通り、大阪全体で住民投票が行われたなら、必ず投票に行くつもりだったので、ちょっと残念ではあります(あ、でもその場合でも寝屋川市は否対称だったかも…(^^;)

ともあれ、ようやくここまで来た訳ですから、後は大阪市民の皆さんに託すのみ。
自分の住む町の将来が、自分自身の一筆に委ねられた訳です。
こんなに責任があり、ワクワクすることはないじゃないですか!(投票できる大阪市民が羨ましい)

大阪市民の皆さんが、最善の選択をされることを、願ってます。
[PR]
by yaskazu | 2015-03-14 22:19 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/23782003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 予備軍 遅々 >>