では、よいお年を
2014年も、今日がラストとなりました。

社会的には、今年は例年にも増して、自然災害の報道が多かったように感じます。
中には、ある意味人災的側面のあるものもありますが、東日本大震災以来、人間の力など、大自然の前には無力なのだという事実を、改めて突き付けられた気がします。

奇しくも、年明け早々の1月17日は、阪神大震災から20年を迎えます。
人間が、自然に対してどう向き合っていくのか、真剣に考えるべき時が、来ているのかもしれませんね。

政治経済面では、いわゆる“アベノミクス”の是非を問うという名目で、年末にまた総選挙が行われました。
この選挙に意味や大義があったのかとかは、正直よく分からないと言うか、特にここで述べることはありませんが、むしろ有権者の方が、選挙である以上は興味を持って、投票に行ってほしかったと思います。

投票は義務ではなく権利。
言い換えればそれは、投票しなかった者は政治に対して不服や意見を言う権利を放棄したのだから、その資格はないってことなんですけどね。

いい大人なのに、そこを誤解してる人があまりに多いのが、非常に残念です。

ただ、大阪にとっては今回の総選挙が、あれだけの他会派やマスコミのネガキャンや偏向報道にも拘らず、維新の政策や都構想に対する支持が根強いことを奇しくも証明し、頓挫していた都構想が再び動き出したことは、いい影響だったんじゃないでしょうか?

他には・・・



趣味的なこととしては、今年は特撮やアニメ等、充実していた作品が多く、ある意味“安定期”に入ったような印象を受けました。

特に「仮面ライダー鎧武」は、内容的にも、商業的にも、非常に挑戦的、且つ挑発的で、今年度の特撮界を席巻した作品だったと言えるでしょう。
間違いなく、今期の“ベスト作品賞”です。

ただ、実を言うと個人的には「鎧武」には、それほどハマらなかったんですよね(^^;
おぢさんの感性には、ちょっと“グッ”とくるものを感じなかったというのが正直なところ(面白さは認めるんだけどね(^^;)

この辺り、去年自分は「宇宙戦艦ヤマト2199」にマジハマリしていたし、終了した時にはポッカリ穴が空いたような、いわゆる“ヤマロス“的気分にすらなりましたが、今期の特撮&アニメは、平均的に楽しめたけど、そこまでハマるものはなかったかなという感覚。

そういう意味では、かなりツボだったのは「アオイホノオ」でしたけどね(笑)

あれはね、“あの時代”に“同じ時間”を過ごした“同世代”のオタク達にとっては、正しく“自分自身のこと”が描かれているような、“俺たちにとってのリアルな青春ドラマ”なんですよ(笑)

それはともかく・・・(^^;

今期は秋から始まった「仮面ライダードライブ」は、「鎧武」とは違ったアプローチで“平成仮面ライダー”を繋げてるし、「トッキュウジャー」の後番組の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」も、安定した“ニチアサ枠”を続けていくでしょう。

「ウルトラマンギンガS」は、無印の「ウルトラマンギンガ」とはまるで別作品かと思うほど、非常に充実した“ウルトラ作品”に昇華したのは、嬉しい誤算でした。
これが、後に新しい・・・“次のウルトラシリーズ”に繋がってくれることを、心から願います。

劇場作品では、ハリウッド版ゴジラが公開されたのが大きな話題ですが、実は自分は未見です(スンマセン(^^;)

リメイクという意味では「キカイダーREBOOT」は、個人的には凄く注目したし、楽しめたのですが、ファンの間での評価は賛否が割れ、世間的には今一歩みたいだったのは、ちょっと残念でした。

しかし「キカイダーREBOOT」は、今後の日本の“特撮作品”が、どうあるべきかを考える指針になる作品だと、自分は思っています。
是非、続編ないし次回作に、繋げてほしいものです。

最後に、個人的なこと。

なんと言っても今年は、去年に続き“病院通い”だったことが、自分的には大きかったです。
春に病院を変わり、それを切っ掛けに、検査に次ぐ検査・・・

生まれて初めての“大腸カメラ”で、若い女医さんや看護婦さんにケツの穴を見られたり、指入れられたり、内視鏡突っ込まれてグリグリされるという、嬉しい・・・じゃなくて、屈辱的な経験の挙げ句、大腸ポリープ切除の手術にまで発展。

その結果、まさかの初期癌判定・・・ _| ̄|◯

幸い、今のところ他所への転移はなく、体内に癌と呼べるものはないということで、定期的検査を続けつつ、経過観察ということに落ち着き、現在も通院を続けてる状況です。

大事に繋がることはなかったとは言え、やはり“癌”という単語の持つ破壊力はかなり大きくて、正直“死”が頭を過ったし、“命”や“生”を、結構真面目に考えるようになりました。

もし、今自分に何かあったら、おかんはどうなるのか・・・

それを思えば、自分の命は自分だけのものじゃないという認識が、改めて強くなったものです。

来年は、これまで以上に世の中は大変なことになるかもしれませんが、やはり健康第一です。

お互いに、自分のために、家族のために、自愛と自重を怠らないよう、心掛けたいものです。

やれやれ、今年は久しぶりに長々と書いてしまいました(^^;

それでは皆さん、今年もお世話になりました!
来年もよろしくお願いします!


皆様、よいお年を!
[PR]
by yaskazu | 2014-12-31 22:18 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/23499209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 謹賀新年.2015 黒いボディ >>