実は初・・・かな?
既に後半戦が始まってる「ウルトラマンギンガS」

無印の「ギンガ」の時は、自分は当ブログでも相当厳しい評価をしたのですが、「S」になってからは、以前の“噛み合なさ”が無くなり、まだまだ手放しで喜べないものは残るものの、まるで別の作品のように良くなった印象で、かなり楽しく拝見しています。

その「ギンガS」の劇場版の製作発表が、先日ありました。

高見沢俊彦、「ウルトラマンタカミー」に変身!怪獣とのバトルで必殺技披露

劇場版「ウルトラマンギンガS」製作 根岸拓哉「子供の頃のヒーローと共演できて光栄」

世間的には、高見沢さん絡みに興味が行くのでしょうが、ヲタ的な興味としては、やっぱり“平成ウルトラマン”が勢揃いする方に、興味が行ってしまいます(笑)



これまで、昭和ウルトラマンとの共演等で、平成ウルトラマンがゲスト出演することはありましたが、ティガ以降の平成ウルトラマン“だけ”が勢揃いするというのは、実は初めて・・・なんじゃないでしょうか?

厳密にいえば、アグルやヒカリ、ジャスティスなんかもいてほしいところですが、ここは“主役ウルトラマン”でってことなのでしょうね(^^;

それ以外に注目すると、サクヤが隊員服着ていたり、ワンゼロ改めマナがしっかりいたりする辺り、テレビの「ギンガS」本編も、今後大きな動きがあることを予感させます。

楽しい映画になってくれると、いいですね(^^)

ウルトラマンギンガS Blu-ray BOX I

バンダイビジュアル



ULTRA-ACT ウルトラマンギンガ

バンダイ



光の超戦士シリーズ ウルトラマンビクトリー

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2014-11-11 22:18 | ウルトラマン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/23267633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 勢揃い 良性 >>