再び語る時
去年の今頃、当ブログでも紹介した「語ろう!クウガ アギト 龍騎」という本。
その第2弾「語ろう!555・剣・響鬼」が、年内に発売されることが決まりました。

語ろう!クウガ アギト 龍騎 公式ツイッター

前作は、数ある仮面ライダー関連の書籍の中でも、ダントツの良書だったので、今回も期待が高まります。

555も、剣も、響鬼も、平成仮面ライダーの中では、色んな意味で“いわく”の多い作品なので、それらをどういう切り口で語ってゆくのかが注目点でしょう。

個人的には、思い入れも深い「響鬼」に、俄然興味が集中してしまいます。

果たして、“十年目の真実”は、語られるのか?

や、例えそれに触れられなかったとしても、前作のように、当時のことを回帰しつつ、未来へ繋げていける内容であれば、十分満足だと思います。

楽しみが増えました(^^)

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】

レッカ社 / カンゼン


[PR]
by yaskazu | 2014-09-11 21:40 | 仮面ライダー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/22907468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 腹は決まった 叩く魂 >>