叩く魂
“フィギュアーツ真骨彫・仮面ライダー響鬼”、2回目。
今回は、色々とポーズつけてみたものを紹介していきます。

f0124763_2062059.jpg

音撃棒・烈火を両腕に持って立つ煽りポーズ。
「仮面ライダー響鬼」という番組が始まる前の番宣等で使われた、同様のポーズの写真の、その“異質”ぶりに、確実にこれまでとは違う“何か”が始まる予感に、胸が躍った物です。

f0124763_206343.jpg

少しアップで。
自分のコンパクトデジカメの解像度では、限界があって上手く写せませんでしたが、音撃棒の先端の“鬼石”は、BB弾くらいの大きさにも関わらず、ちゃんと左用の阿(開口)と、右用の吽(閉口)に作り分けられてます。
音撃棒の軸自体は共通のようですが、ファンなら持たせる時に間違えないように(笑)

てことで、以下適当に何点か。



f0124763_2055697.jpg

変身音叉・音角を額に掲げるポーズ。
このポーズのために、魂エフェクトの“炎”(青)を買っておけば良かったなと思いつつ、あの魂エフェクトって意外に“使いどころ”に困るんですよねぇ(^^;

f0124763_2053077.jpg

音角のもうひとつの使用法、ディスクアニマルの起動。
1枚づつ持たせることも、ちょっと無理すれば、こうやって3枚纏めて持たせることも可能。
手首パーツ各種の素材に柔軟性があり、アイテムを持たせ易いと同時に、壊れ難くなってます。

f0124763_2045119.jpg

音撃棒を構えたポーズ。
この商品のなにげに凄いところは、こういう両脚を開き、腰を捻って両腕を振るといったような、ちょっと“無理のある”ポーズをとらせても、スタンドを使わずにちゃんと“自立”するということで、それはフィギュア自体が、抜群のバランス調整で作られてるということです。

f0124763_2044031.jpg

こういう“立て膝”ポーズをとらせても、足首や腰等、上手くバランスを調整してやれば、“コケる”ことなく自立します

f0124763_2044057.jpg

立て膝ポーズ、別アングル。
頭から首、胴体から四肢へのラインを見るに、かなり正確な人体彫刻の元に、原型が制作されていることが伺えます。

f0124763_2041745.jpg

エフェクトパーツを装着状態の音撃棒。
前述の“鬼石”を外した後の突起に、パーツを取り付けます。
このエフェクトパーツには、左右の区別は特にありません。

エフェクトパーツは、その大きさから受ける印象よりも軽くて、取付部もしっかりとしてるので、簡単に外れたりすることもなけらば、フギュア側の腕がへたって下がってきたりということもなく、しっかりと保持できます。

f0124763_2035081.jpg

正面から捉えると、こんな感じ。
響鬼の場合、平成ライダーの主流である“装着系”ではなく、人間の肉体がそのまま変化したものであることが、この正面から見た姿のラインに、顕著に表れてるように思います。

f0124763_2032615.jpg

立て膝、腕の振り下ろし、腕の振り上げ、このフィギュアに可能なポーズを組み合わせることで、こういうポーズもつけられます。
これが出来て、ベルトの火炎鼓が取り外せるなら、巨大化した火炎鼓とかをベース用に付属させてくれれば、劇中の音撃攻撃のイメージ再現とかも出来た筈ですから、そこは少し惜しい(^^;

肩のアーマーは可動軸が3点あって、腕の可動範囲に干渉しないように設計されてます。
実は最初購入したとき、箱から出してちょっと弄ってたら、何かのはずみで、右肩のアーマーが“ポロン”と外れてしまいました。

フィギュアーツでは、こういうことは結構起きることなので、簡単にハマるだろうと思ったのですが、何をどうやっても上手くハマらなくて、思い余ってバンダイに「上手くハメるコツを教えて」というメールを送ったところ、なんとフィギュア本体ごと“交換”してくれるとの返事。

さすがにそれは申し訳ないなぁと思いつつも、せっかく仰ってくださるんだから、お言葉に甘えようと・・・(^^;

なので、このフィギュアは、実は交換用に送られてきた“2体目”で、購入時に箱に入ってた“本体”は、バンダイに返却しました。

自分はたまたま当りが悪かったのかも知れませんが、商品自体、作りはカッチリしてるけど、思わぬところでデリケートな部分もあるようなので、皆様も妙な弄り方して、壊したりしないよう、注意された方がよいかも。

f0124763_2031243.jpg

響鬼蹴!(ヒビキック!)
仮面ライダーと言えば“キック”ですが、響鬼さんが弐之巻でツチグモ相手に喰らわしたのが印象的だったくらい(しかも、それは必殺技じゃない)で、「仮面ライダー響鬼」に登場する“鬼”の決め技は、あくまでも“音撃”なんですよね。

f0124763_2025439.jpg

おまけ。
ライダー大戦でこういうのがありましたね(笑)
実は、響鬼のフィギュアーツ購入したら、これが一番やってみたかった(^^;

f0124763_2023047.jpg

おまけ2
見たこともない魔化魍(?)に遭遇し、ちょっと“退いてる”響鬼さんの図(大嘘)

f0124763_20205626.jpg

てことで、フィギュアーツ真骨彫・仮面ライダー響鬼でした。

総体的に見て、値段に見合う非常に完成度の高い商品で、フィギュアーツのシリーズのひとつの到達点に立つ、最高傑作と言ってよいと思います。

機会があれば、是非一度手に取って、その素晴らしさを感じていただければ幸いです。

f0124763_20239.jpg

またな!(シュ!)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼

バンダイ



仮面ライダー響鬼 DVD全12巻セット


[PR]
by yaskazu | 2014-09-10 20:26 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/22901316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 再び語る時 響く鬼 >>