ぶっちぎるぜ!
午前中、免許の更新に(漸く)行ってきました。

現在は全く車は運転しないし、経済的にも今後ウチで車を持つことは多分ない、完全なペーパードライバーですが、一応更新だけはしておいた方がよかろうということで、行ってまいりました。

5年間無事故無違反なので、めでたくゴールド免許を頂きました。

・・・まぁ、運転してないから当然なんですが(^^;

そんな、自分が免許を更新したのに合わせるかのように(いや、そんなことは全くないけど(^^;)10月からの新しい「仮面ライダー」が、正式に発表になりました。

「仮面ライダー」が“禁じ手” バイク捨て、車に乗る刑事ライダー登場

テレビ朝日 仮面ライダードライブ公式サイト

車に乗るライダーは、今度のドライブが初めてって訳じゃなく、RXが最初だし、そもそもバイクに乗らないライダーってのも、少なからず存在はした(響鬼さんは最初はバイクはおろか、車もろくに運転できないペーパー、つまり自分と同じ(笑))けれど、今度の場合は、完全に“車にしか”乗らないと言う意味で、“初めて”ということらしいです。

それじゃライダーじゃなくてドライバーだろうって突っ込みは、既に方々から入りまくってる模様ですが(笑)、考えてみれば「ナイトライダー」だって車なのにライダーって言ってるんだし、車両を操る人間を広い意味でライダーと称する意味では、間違ってないのかも知れません。

・・・・この理屈も、何かデジャブ感があるなと思ったら、自分自身がまさに「RX」のライドロンの時に言ってたことだったよ(^^;



にしても、このライダーの愛車が“トライドロン”ってのは、どう考えたって“狙って”たがるだろう(笑)

今のご時世だから、デザイン的にはどう見ても“変形”しそうなんだけど、トランスフォーマというよりは、下手すると“イタッシャーロボ”みたいになりそうな気もするんですが、さて?(^^;

スタッフに目を移すと、脚本は三条陸さんで、プロデューサーは大森敬仁さん。

三条さんは、「仮面ライダーW」や「フォーゼ」等で、非常に完成度の高い脚本を書かれてたので、その部分は期待なんですが、プロデューサーの大森敬仁さんとのタッグは、去年の「獣電戦隊キョウリュウジャー」以来、2作目ということになります。

実は自分「キョウリュウジャー」は、苦手でした(^^;

いや、決して嫌いじゃないんですが、あの全体を包み込む、“熱さ”を通り越した“暑苦しさ”が、どうにも馴染めなかったんですよね。

そういった点で、今回それがどんな風に作品に表れるか、期待と不安が半々ってところなんですが、さて?

「仮面ライダードライブ」2014年10月5日スタート。
ぶっちぎるぜ!
[PR]
by yaskazu | 2014-08-29 21:36 | 仮面ライダー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/22828089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< その男、ゼロのリ・スタート 居座る・・・ >>