あ! 映画も更新もお預けになった!!
ちょっと間が空きましたが、ポリープ切除のための一泊入院の話のつづき。
一応、今回で終了ですので、よろしければ・・・

前回書いたように、手術と言っても、日帰りで帰れる程度のものだけど、地域で一番大きな大学病院ということもあり、念のために1日泊まりましょうということに。

ニフレックによる連続強制排泄や、大腸カメラが腸内を駆け巡ったことにによる“疲労感”はあったものの、手術自体による痛みはなかったし、普通に動く分には特に問題は感じなかったので、自分で歩いて帰ると言ったのですが、そこはやはり病院内なので、万が一を考慮して、半ば強制的に車椅子に乗せられ、病室へ・・・(ちょっと恥ずかしかった(^^;)

前の晩からバタバタしてた中、漸くここで一息・・・



部屋に入ってしまえば、後は安静にするだけ。

この日1日は、まだ絶食が続くので、後は定期的に回ってくる看護婦さんに血圧や点滴の交換をしてもらう時以外は、特になにもやる事もない。
テレビでも観ようかと思ったけど、平日の昼間のテレビなんて、壊滅的にくだらないもの(特に報道や情報番組とか、偏向の極み)ばかりで、却って具合が悪くなりそう(^^;

仕方ないんで、ちょっと寝ようかと思ってみても、こういう時に限って、環境が違う事もあり、身体は疲れてるのに、意外と眠れないものです。

他にも眠れない原因のひとつとして、食事が摂れない分の栄養補給として着けられてる“点滴”があります。
この点滴の成分というのが、実は殆どが“水”で、通常の生活で口から摂る量より、かなり多めの水分が身体に入ってくるらしいんですね。

そのため、とにかく“おしっこ”がやたらと近いんですよ。

大体1時間ごととか、激しいときは20~30分ごとに、とにかくおしっこに行きたくなる。
そして、1回に出るおしっこの量が、半端なく多い!

普通、寒さなんかが原因でおしっこが近くなる時とかは、1回の量はそんなに多くなくて、チョロチョロと出る程度って場合が多いと思うのですが、この点滴によるおしっこは、多量の水分が原料なためか、次から次からジャンジャカと、まるで膀胱の底が抜けたか、尿道が決壊したんじゃないかってくらい、怒濤の如く溢れ出てくるんですよ(^^;

そのおしっこ自体も、殆ど無色透明で、若干甘さを感じる“薬品臭”と、まるで中性洗剤でも混ぜたかと思うような、凄い“泡”が出ていて、どうやら身体に吸収されなかった点滴の成分が、ほぼそのまま出てるのかなと思いました(後で看護婦さんに聞いたら、多分そうですよと答えてくれました)

そういう状態が点滴をしている間中続き、そのため夜になってもなかなか眠れず、少しウトウトすると尿意で目が覚めて、夜中も3~4回はトイレに行ったでしょうか?

結局、手術と不眠による疲れが残ったまま、朝を迎えることに。

朝一の検温時に漸く点滴がとれ、その後朝食。
お粥と味噌汁とサラダ、牛乳とフルーツが出ました。

こんなヘロヘロの状態で、飯なんて喉を通るかなと思いましたが、前日からの丸一日絶食状態で、お腹もかなり減ってたため、奇麗さっぱりたいらげさせていただきました(笑)

その後、経過に特に問題もなかったので、午前中には退院の許可が出たのですが、実はこのスケジュールが結構タイトというか、病院側の都合もあるのでしょうが、若干“追い出される”ような感じ(^^;

取り敢えずおかんに電話を入れ、慌てて帰る用意をし、おかんが到着した頃には、ほぼ間髪入れずに病室を後にしていました。

受付で会計を済ませ、昼を少し過ぎた頃には病院を出て、駅前のファミレスで昼食。
病院の指導により、1週間は“柔らかいもの”中心の食事をということだったので、リゾットを食べたのですが、改めて“シャバの食事”って、味が濃いんだなと実感(笑)

こうして漸く帰宅したのですが、一泊入院なら楽かなと考えてたのですが、上記のように非常にハードスケジュールだったこともあり、むしろ長期入院より、精神的、肉体的な疲労感は高かったです(^^;

因みに費用は、全部で約3万5千円ほどで、この類いのものとしては相場らしいのですが、ウチにとっては結構な出費。
8月には観に行きたい映画も幾つかあったし、免許の更新の通知(ペーパードライバーだけど、一応ね)も来てたのですが、ちょとお預けですね(苦笑)

細胞の検査の結果は来週、8月22日に聞きに行くのですが、おそらくは良性だろうと。

・・・・・・良性だよな(^^;

それはまた、改めて報告いたします。
[PR]
by yaskazu | 2014-08-15 21:46 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/22743153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 囲い 恋しい・・・ >>