売れてます
久しぶりに梅田へ出かけ、「キカイダーREBOOT」観て参りました。

映画の感想はまた改めて書くつもりですが、個人的には“とても良かった”と感じました。
オリジナルの(特にTV版の)「人造人間キカイダー」を求めて行くと、結構カウンターパンチ喰らう感覚は、確かにあります(賛否が激しく割れてるのも、多分そこに起因するものでしょう)

しかし、その中に「キカイダー」の内包した“本質”の部分はしっかり拾い上げてるし、日本の特撮物の次への“可能性”を感じさせてくれたのは、収穫だったと思います。

そんな訳で・・・



今日映画を観た“梅田ブルク7”へ向かう道筋、自分は大阪駅前ビルの中を通って行くのですが、この中に幾つもの“金券ショップ”があって、覗いてみると「キカイダーREBOOT」の“前売り券”も置いてあり、ここで拳を購入。

すると、そこの(おそらく)店主の方が、キカイダーのチケットが結構売れてると言って、少し驚いておられました。

曰く。
「こんなん全然売れんやろうと思ててんけど、案外出てるんでビックリしてます。
やっぱアレですか?、懐かしいからでっか?」


うんまぁ、そういう事かなと、そこは言葉を濁しておきました。
だって、そんな金券ショップのおじさん相手に、マニアックなキカイダー論とか、「REBOOT」がオタ層に注目されてる理由とか、熱弁したって“ドン引き”されるのがオチですからねぇ(笑)

そして劇場に入り、客層を見回すと、子供連れのお父さん、家族連れとかは案外少なく、見るからの“オタ層”(笑)や、おじさんが多かったようですが、何組か“カップル”も散見されたのは、意外でした。

丁度私の隣に、若いカップルの女の子の方が座ったのですが、これがまた若いおなご特有の“いい匂い”を漂わせてて、しかも“生脚”を座席の上に膝を曲げて座るもんだから、それが視界にチラチラ入って、気になって映画どころじゃありませんでしたよ(^^;

いやまぁ、始まってしまえば、ちゃんと集中しましたけどね。

・・・・・・・いや、映画にだぞ!!!(^^;

f0124763_2225395.jpg

パンフレット。
2,000円の豪華版も在庫あったけど、ビンボーなおぢさんは、1,000円の通常版で我慢(笑)

f0124763_2226444.jpg

入場得点のチェンジングしおりと、前売り券の半券。
おぢさんには、これだけでも十分な、映画の記念です(^o^)

久々に、楽しい1日でした。

キカイダー REBOOT 豪華版 映画パンフレット 監督 下山天 キャスト  入江甚儀、佐津川愛美、高橋メアリージュン

東映



劇場版「キカイダー REBOOT」オリジナルサウンドトラック

音楽:吉川清之 / 日本コロムビア


[PR]
by yaskazu | 2014-05-31 22:31 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/22180734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2014-06-01 19:21 x
 私も見ました。とても楽しめたし、満足していたのに辛口批評が多くて悲しかったです。同世代からの「良かった」の声は嬉しい!続編、期待したいのですがどうでしょう・・・
Commented by yaskazu at 2014-06-01 22:18
>tomoko様
いやいや、良かったですよ。
近年の特撮系の映画の中では、相当完成度も高かったし、自分は大変楽しめました(^^)

評価が割れるというのは、多分この映画に「何を期待したか」に因ると思うのですよ。
「人造人間キカイダー」という作品に対し、どういうスタンスや思い入れがあるかで、受け入れれるか否かが分かれるのでしょう。

賛否が割れるというのは、実は“いいこと”だと自分は思ってるので、違う意見を否定するつもりはありませんが、楽しめた人間や、作品そのもの対しての、暴言めいたものは気持ちのいいものではありませんね。

続編、期待したいですね。
色々と“前振り”もありましたしね(笑)
<< 迷う・・・ 円満 >>