還暦
そう言えば、今年ヤツは還暦を迎えるそうな。

ハリウッド版ゴジラ、好発進=初日興収、今年最大39億円−北米

ハリウッド版ゴジラというと、やっぱり真っ先に頭に浮かぶのが、1998年版の「GODZILLA」ですが、実は自分はあの映画、個人的にはそんなに嫌いじゃありません。
ただ、あれを“ゴジラ映画”、或は“怪獣映画”と呼ぶのは、些か抵抗があるのも事実。

今回の新作「GODZILLA」は、往年の日本のゴジラファン、怪獣ファンにも認められるような、立派な“怪獣映画”に仕上がってるという評判ではあります。

でもね・・・



それがこうやって、アメリカで大ヒットしてるというのは、嬉しい反面、非常に複雑でもありますよね。

実は、去年あれだけ評判だった「パシフィック・リム」も、自分はまだ未見でして、それはなかなか観る時間を持てないという、物理的なものが一番大きな理由ではあるけれど、反面“なんでこれを日本で撮れない”って思いもあり、その日本の現実を思い知らされるのが怖いから、でもあるんですよね。

そう言う意味では、98年版の「GODZILLA」は、ゴジラとは似て非なる物であったからこそ、その辺りのアンデンティティを保ててたけど、今度の新作「GODXILLA」が、本当にちゃんとした“ゴジラ映画”だったとしたら、凄く打ちのめされちゃう気がして、ならんのですよね(^^;

日本での公開は7月。
ヒットしてほしいという思いと同時に、日本で“どう受け止められるか”が、大変気になる作品ではあります。

GODZILLA [DVD]

東宝



ゴジラ 2014 ジャックスパシフィック 24インチフィギュア ジャイアントサイズ ゴジラ / GODZILLA JAKKS PACIFIC GIANT SIZE GODZILLA ハリウッド リメイク版

JAKKS PACIFIC


[PR]
by yaskazu | 2014-05-18 22:12 | 特撮 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/22074252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ガイガン山崎 at 2014-05-19 05:12 x
>GODXILLA
GODZILLAです、GODZILLA!(笑)
今回の「特ニュー」でもちょこちょこ書いてるんですけど、エメリッヒの『GODZILLA』って、実はかなり“ゴジラしてた”と思うんですよね。最初の40分なんて、何もそこまでってくらい第1作を踏襲してた(だから、「前半は好き」って人も少なくない)し、あの巨大感には唸らされました。
当時、あれだけ反発があったのは、外人にあれだけのものを作られて悔しかっただけなんじゃないかなあ、と。それで無理やり似て非なるモノということにしてしまったというか。あれがゴジラ映画じゃなかったら、日本も無数のゴジラ映画じゃないゴジラ映画を作ってることになる気がします。
僕はもう、98年版の予告を観たとき、「あぁ、もう勝てないな」と悟りました。でも、そうやって日本がどうこうみたいなコダワリを捨てると、昨今の怪獣界隈はものすごく楽しいですよ!
Commented by yaskazu at 2014-05-19 23:42
>ガイガン山崎様
おおおお、ご指摘ありがとうございます、早速直しておきました(^^;
最初に隣り合ってるキーでZとX打ち間違って、面倒がってその間違った綴りをそのままコピペしたこと丸分かりという(笑)

仰ること、凄くよく分かります。
外人にアレをやられて、悔し紛れに似て非なるってのは、正しく自分がその通りだったりします(^^;

負け惜しみになるかも知れないけど、日本の映画界はハイウッドには構造的に絶対叶わないんだけど、イマジネーションとかセンス・オブ・ワンダーという面では、むしろ越えてると思うんですけどね。

そこは仰せのように、上手く住み分けていくのが、正しいのかも知れませんね。
<< Newtype THE LIV... NEXT GENERATION >>