抜錨
先日チラッと紹介した、宇宙戦艦ヤマト2199のメカコレクション。
一応組んだので、少し紹介。

f0124763_22201797.jpg

パッケージは、ボックスアートが2199仕様な以外は、デザインや装丁は旧メカコレと同じとなっていて、旧メカコレと“地続き”のシリーズであることをアピールしているといったところ。

f0124763_22194441.jpg

パーツはこんな感じで、艦上部と艦底部で完全に色分けされており、組み立てもスナップキット仕様だから、接着剤なしでパチパチ組み上がります。

ただし、戦艦という、ただでさえ細かくて壊れ易いパーツが多いため、ハメ込みのキツイ部分等、注意しないと部品を破損するおそれがあります。

事実、自分も左舷のパルスレーザー部の一部を大破させました。
どうやら、波動防壁は作動していなかった模様です(^^;

では、実際に組んだ物を・・・



f0124763_22195976.jpg

約12cm程度の大きさも、旧メカコレと同じくらいですが、それが“パチ組み”だけでこれだけのものになってしまう辺り、ガンプラで培ったバンダイの技術は、改めて凄いなぁと、感心してしまいます。

自分のデジカメの性能では、接写モードでも、モノが小さすぎて却ってピンボケになってしまいましたが、プロポーションなどはほぼ完璧と言っていいかも知れません。

また塗装なしでも、元々の素材の色がしっかり“ヤマトの色”を再現してるので、このまま置いてても、決して悪くありません。

勿論、ちゃんと塗装をして、スミ入れや汚しを入れれば、更に見栄えのある物になるだろうし、腕に覚えのあるモデラーの中には、このサイズにも拘らず、ディティールアップや、なんと“電飾”に挑戦する猛者もおられるようです。

自分は・・・・

昔は、塗装くらいはやってたんですけどねぇ(^^;

f0124763_2220496.jpg

右舷側から、艦首にピントを合わせて撮ってみました。
波動飽周りの形状も、2199版ヤマトの特徴を、非常に良く再現してあると思います。

惜しいのは、フェンダー部分の特徴的な3つの丸い“切り込み”部分のうち、左右のものが、サイズの関係上ディティールだけで、貫通していないところ。
ここは、ピンバイスや極細のヤスリ、デザインナイフ等で、削った方がいいかも知れません。

f0124763_22192984.jpg

リア。
ヤマトは、後ろから見た方が美しくて好きという方も結構おられるそうですが、これまでのヤマトの、模型や超合金等の立体物で、後ろから見た姿が美しい物は少なかった(と、自分は思う)のですが、2199版のヤマトは、どのアイテムもちゃんとそれが再現されており、このメカコレのヤマトも、納得の行く物になってると思います。

f0124763_22192236.jpg

最後に正面。
艦首の“絞り込み”と、艦隊中央の“膨らみ”のラインが、実に美しく再現されていて、このサイズでここまでそれをやったというのが、この製品で一番自分が、感動した部分です。

ということで、メカコレの2199版ヤマトでした。

メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 No.01 ヤマト2199

バンダイ



メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 No.02 ユキカゼ

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2014-05-04 22:30 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/21963684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 特に変わったこともなく・・・ 下世話だけども・・・ >>