小・説・上・等
f0124763_22294639.jpg

講談社のキャラクター文庫、小説「仮面ライダーフォーゼ 〜天・校・卒・業〜」購入しました。



このシリーズ、一旦「仮面ライダー龍騎」で一区切りとなったのですが、好評だったこともあり、ライダーだけでなく戦隊にも範囲を広げ、その第1弾として「侍戦隊シンケンジャー」が去年末に刊行され、それに続いて最近出たのが、この「仮面ライダーフォーゼ ~天・校・卒・業~」です。

タイトルからも分かるように、TVシリーズでは描かれなかった、弦ちゃんたちの卒業が描かれるらしく、そこから劇場版「MOVIE大戦アルティメイタム」に繋がる、弦ちゃんが教師になる切っ掛けになるエピソードもある模様。

ある模様・・・という表現なのは、まだ読んでないからなんですが(だって、今日買ったばっかだもん(^^;)

つまり、TVシリーズの番外編でもあり、同時に補完的な内容になっていて、フォーゼのファンにとっては、かなり楽しめる、嬉しい作品に仕上がっていて、ネット上での評判は上々のようです。

著者は、本作のプロデューサーである“塚田英明”氏。

脚本家でも、小説家でもない、プロデューサーが小説を書くとか、大丈夫かなとも思うのですが、そう言う意味ではこの小説シリーズでは「仮面ライダー電王」を、“白倉伸一郎”氏が手がけてるし、東映の御大、故“平山亨”氏も、本編の補完小説を手がけるという意味では、その先駆けみたいな方ですよね。

塚田Pは、担当作品のHP上での文責の文章も、なかなか面白いし、そもそも文章で伝える力量がある程度なければ、プロデューサーなんて勤まらないでしょうしね。

そう言う意味では、楽しみではあります。

そんな訳で、またこれから時間の狭間を縫って、チマチマ読んでみたいと思います。

小説 仮面ライダーフォーゼ ~天・高・卒・業~ (講談社キャラクター文庫)

塚田 英明 / 講談社


[PR]
by yaskazu | 2014-03-10 22:37 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/21541659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 進んでない・・・ 決めるのは・・・ >>