胸いっぱい
やしきたかじんの悲報。

正直、いまだに信じられないというか、現実感が沸かないというか・・・

なのに、ポッカリ空いた喪失感は、ブラックホールの如く、深く、計り知れないものがある、この矛盾。

自分にとってこういう感覚は、金田伊功さんの時以来かもしれない・・・



たかじんに対しては、特にどっぷりとしたファンって訳ではなかったし、全てが好きだった訳でもない。

でも、病に倒れ、関西のテレビから姿を消したとき、その存在の大きさに改めて気づかされた。

やしきたかじんは、決して代わりのいない、不世出、唯一無二の存在だったんだなと。

毒舌、破天荒、乱暴者、色んな“言われよう”をしていたし、事実その発言は常に暴言に近いものがあった。

にも拘らず、それがいつもあんなに面白くて、決して嫌悪感を感じず、常に許せてしまえる・・・むしろ、やればやるほど、増々皆から慕われ、愛される・・・

それは勿論、たかじん独自のセンスに裏付けされた、絶妙な話術の賜物だったのは確かだけど、それ以上にその“毒”の裏は、常に優しさと“愛”に溢れてたからなんだよね。

“愛を歌うヤクザ”というのは、歌手としてのやしきたかじんを評した、正しく愛に溢れた称号だと思う(島田紳助か、上岡龍太郎辺りが言ったはず)

そしてそれは、やしきたかじんという人間そのものを表した言葉でもある。

ヤクザなんて言うと、ちょっと物騒に聞こえるかもしれないけど、その豪放磊落で破天荒なイメージとは裏腹な、繊細で優しさに満ちた、たかじんの“生き様”に対しての、最大限の賛辞だと、自分には思える。

冥福なんて祈らないよ。

たかじんは、いつまでも大阪と、関西と、共に行きつづけるんだから・・・
[PR]
by yaskazu | 2014-01-08 23:33 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/21245215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 前向き 列車じゃなくて烈車 >>