よいお年を
さて、今年も遂に大晦日となりました。

世の中では本当に色々なことがあって、いちいち憶えておられず、また何があったのかを思い出せない傾向が、毎年強くなっていくのは、こっちの脳みそがどんどん衰えてる証拠でしょうか?(^^;

東京オリンピックが決まったとか、一部の企業や投資家の収入が増えた事を受け、政府は景気が上がったとしていますが、実際は事実上の物価の高騰や収入減等により、中小企業や一般庶民、高齢者や低所得者にとってはより暮らし難い状況になっています。

その上、来年から消費増税とか、どんどん厳しくなっていきそうで、今から気が滅入ることこの上ありませんが、これまで以上に、真摯に、誠実に、堅実に、生きていくしかありませんからね。

必要性は理解できるけど、運営の在り方を間違えれば、言論統制や民主主義の否定にも繋がりかねない、非常に危険な要素を孕んだ“特定秘密保護法案”が、十分な審議もされぬまま、強行に近いかたちで裁決されたりと、日本がどんどんキナ臭い方向に進んでいきそうで、その状況が、戦前、戦中、戦後を原体験した世代のウチのおかんなんかには、自分ら以上に不吉なものを感ぜずにはいられないようです。

果たして、平和日本をこのまま、いつまでも続けられるのでしょうか?(^^;



個人的な事では、なんと言っても今年は、十二指腸潰瘍&胃潰瘍により意識を失い、救急車で運ばれ、入院を余儀なくされたことが、一番の出来事でした(^^;

あれから通院も続け、薬も欠かさず飲んでいて、体調も随分戻ったと思っていたところ、この暮れになってまた急激な体調不良に見舞われ、非常に難儀しました。

この体調不良が、先の入院と関連性があるのかはまだ分かりませんが、症状的には潰瘍のそれとは異なるものだし、不調に陥るような要因に心当たりもなく、今のところ原因不明。

自分自身では、いつまでも若いつもりでいても、やはり着実に肉体は衰えてることを、痛感した年でもありました。

趣味的な話では、今年は特撮やアニメといった、嗜好のコンテンツは比較的充実していたと思います。

特に今年、最も夢中になったのは「宇宙戦艦ヤマト2199」でした。

不満がない訳ではないけれど、オリジナルの「宇宙戦艦ヤマト」のリメイクとしては、実に見事な仕上がりで、何よりも自分達と同じ“ヤマトでオタク開眼”した世代のスタッフの、ヤマトに対する溢れんばかりの愛情や拘りを、共に体験できたことが、一番嬉しかった(^^)

毎週、放送時間が来るのがあれほど楽しみだったのは、それこそオリジナルのヤマトが、リアルタイム放送されていた時以来だったかもしれません。

他にも「非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛」や「衝撃ゴウライガン!!」等、深夜枠の特撮に、次世代の可能性を感じることができたのも、収穫でした。

また「語ろう!クウガ アギト 龍騎」に代表されるような、ファン視点、ファン目線による、愛情に満ちた研究本、解析本が多く出版されたのも印象的で、オタク文化がこういうカタチで後世に引き継がれていく、切っ掛けになってくれればなと思います。

そんな訳で、例年通り、なんの纏まりもなく今年を振り返ってみましたが、皆様は如何だったでしょうか?

来年が・・・、来年“こそ”、皆様にとっても、私にとっても、いい1年でありますように。

今年もお世話になりました!

皆様、よいお年を!!
[PR]
by yaskazu | 2013-12-31 22:14 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/21197490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つる at 2014-01-01 19:11 x
おめでとうございます。つるです。
旧年中は大変お世話になりました。

昨年はゴウライガンもですが
ハリケンジャーも完全復活も果たし
戦隊ワールドに当たらな可能性を見出した
気配を感じます。

今年こそ希望を信じていきたいと思っています。
Commented by yaskazu at 2014-01-02 23:27
>つる様
あけましておめでとうございます。

戦隊も、ハリケンジャーに刺激されたのか、色々と噂を見聞きしますね。
実現するといいです(^^)

今年がお互いよい年でありますように。

本年も、よろしくお願いいたします。
<< 謹賀新年.2014 桜島大決戦 >>