桜島大決戦
年末に、急に原因不明の体調不良に見舞われてしまい、そんな中でもやんなきゃならない事もあり、写真は撮ったものの記事をアップできずにいた、フィギュアーツ仮面ライダー旧2号の“つづき”、年をまたぐのは気持ち悪いし、幸い体調も少しだけ改善されたので、なんとか年内にやっておきます。

f0124763_2254696.jpg

桜島1号とツーショット
こうしてみると、やはり桜島1号は、旧2号と並べてこそ、映えるキャラだなと思います。

ただ、厳密に言えばこのフィギュアーツの桜島1号は、後に色替えで旧1号として商品化することを前提に作られたもののようで、造形自体は実は旧1号そのもので、実物の桜島1号とは、プロポーションや細部の造形は、結構異なってるんですけどね(^^;

f0124763_2261539.jpg

リア。
少し分かり辛いかもしれませんが、ヘルメットからはみ出た“髪の毛”パーツの有る無しが確認できるかと思います。

初期の旧2号は、この髪の毛を隠すカバーのようなパーツがあるものや、ヘルメットの淵そのものを“直接”延長したと思われる形跡のあるものが見受けられ、後に型そのものが修正されたようなですが、この商品は普通にパーツを省略しただけのようですね(^^;

以下、詳しく。



f0124763_2252822.jpg

上半身のアップ。
ボディ部は共通の金型流用の色替えであることや、2号頭部が新規造形(或いは金型修正)であることが分かるかと思います。

ただ、前述のようにこの桜島1号は、実際には旧1号準拠の造形で、実物の桜島1号のマスクは、下顎は2号と旧1号の中間くらいの大きさで、ヘルメット両サイドの淵に見られる延長部分がなくなった、2号と同じタイプのものになっていて、旧1号とも2号とも、印象は少し異なります。

そういう意味では、この商品を並べても、正確な“ダブルライダー”の再現ではないのですが、まぁそこは“愛嬌”ってことで(^^;

f0124763_2255766.jpg

ベルト部分のアップ。
2号のこの部分も、頭部と同じく新規に作られたと思われます(但し、以前出た“新1号&2号”のものの流用の可能性はありますが、そちらは購入していないので、比較確認できませんので、あしからず(^^;)

1号のベルトの下に、スーツの上着部分の“裾”の出てる部分は、ベルトのパーツと一体になってるのですが、2号ではこの部分がなくなり、ベルトのみのパーツになってます。

これは、実際のスーツでも、2号は(演者の頭身の関係で?)裾部分はベルトに隠れてる、或いは実際スーツのの裾が短くなってるかで、見えない事が多く、そこを再現してるからでしょう。

実際、旧1号はこの裾部分は長めに作ってあったようで、桜島1号のスーツも、そこは踏襲されているようです。

f0124763_225497.jpg

ベルト部分、リアのアップ。

左サイドのエナージコンバーターの、スイッチ類の形状の違いや、ベルトの保持方法が、1号が“留め金式”なのに対し、2号がフック式になってるのが分かると思います。
但し、正確に言えば、1号のベルトがこの方式だったのは“旧1号”の時で、“桜島1号”は“旧2号”の方式に準じてたと思います。

おそらく、旧1号の方式だと、アクション時に外れやすい欠点があり(実際、予告編では外れてしまったNGシーンが使われてるものがある)2号以降は保持が確実なフック式になったのではないかと、推察されます。

腰パーツは、一見流用されてるように見えますが、写真では潰れて分からなくなってしまいましたが、1号の“お尻”の真ん中のズボンの“シワ”のモールドの周りに、妙なカタチのモールドがあるのが、2号ではなくなっているので、ベルトのパーツの変更に伴い、腰パーツも変更された模様です。

f0124763_2291799.jpg

ゴースターの回では、死神博士に操られた1号が2号と戦うという、今で言う“ライダーバトル”の先駆けのようなエピソードがありました。

因みにその回のサブタイトル「マグマ怪人ゴースター桜島大決戦」が、再登場1号が、桜島1号と呼ばれるようになった所以でもあります。

f0124763_2251034.jpg

行くぞ、本郷!
おう、一文字!

f0124763_2235971.jpg

ライダー、ダブルキーーーック!!!

f0124763_2252585.jpg

しっかり手を握り合う!・・・を、やりたいところなんだけど、“構え手”パーツが指を開いた状態なんで、なんか中途半端な感じ(^^;
できれば、指を閉じた状態の構え手パーツを付けてほしかった。

f0124763_2245487.jpg

番外。
旧1号のフィギュアーツを使い、設定やシナリオ上では存在しながら、遂に映像化はされなかった、幻のシーン。

本郷猛討伐のため、より強力な“ニセ仮面ライダー”として、ショッカーによって改造された一文字隼人を、脳改造前に本郷自身が救出するというシュチュエーション。

今は、この部分が映像化に至らなかった理由や、制作者側の意図は理解できるし、納得もしてるけど、その上で、やっぱり実際の映像で見てみたかったと思うシーンの、トップです。

そんな訳で、フィギュアーツのダブルライダー編でした。

S.H.Figuarts 仮面ライダー旧2号

バンダイ



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー1号 (桜島ver.)

バンダイ



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧1号

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2013-12-30 22:24 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/21190858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< よいお年を こんな時に・・・ >>