アクシデント
フィギュアスケートNHK杯の女子フリー、滑走2人目の長洲未来選手の番になって、コンピューターのトラブルにより、20分間中断という、アクシデント。

生放送故の珍しい事例だけど、直前までモチベーションを高めていた選手にとっては、やはり影響はあった模様で、長洲選手の演技はイマイチ冴えず、少し気の毒でした。

そして、試合の結果は、浅田真央選手が、200点越えの高得点で優勝。
一時期の絶不調期を知るだけに、これはファンも、本人も、嬉しかったことでしょう。

しかし・・・



2位に着いた、ロシアのエレーナ・ラジオノワが、無茶苦茶かわいかった!(^^)

正に“お人形さん”という形容詞がピッタリで、文字通り、人形・・・“ドール”が“フィギュア”を演ずるって感じでしょうか。

いよいよ、ソチに向けて加速して行く、フィギュア界です。
[PR]
by yaskazu | 2013-11-09 22:08 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/20808915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マット 私のしあわせあなたにあるの >>