立て続け
ちょっと寂しい話題が、飛び込んでまいりました。

五十嵐隼士涙で芸能界引退を発表

五十嵐隼士について大切なお知らせ

五十嵐隼士君は、特オタ的には「ウルトラマンメビウス」のミライ君が非常に印象深い訳ですが、その後も地道ながらも、堅実に俳優業をこなしてたように、傍目からは見えていたのですが・・・

まぁ、そこはやはり芸能界。
色々“表”には出せない部分、分からない部分で、難しいものがあるのかも知れませんね。

そう言えば、最近・・・



「ごくせん」出演俳優・浜尾京介が芸能界引退…来年2月に

「天装戦隊ゴセイジャー」の、ゴセイブラック・アグリ役だった浜尾京介君も引退を発表したばかり。

更に、「海賊戦隊ゴーカイジャー」の、仇敵バスコ役の細貝圭君も、事務所を退社するという発表があり、こちらは移籍ということなので、引退ということではないようですが、これも芸能界という世界の“難しさ”が、そこはかとなく匂う話題ではあります。

しかし、これまでは“女優さん”では、こういう引退話や移籍話は結構あったように思いますが、男性俳優の方がこうも立て続けとは・・・
まぁ、偶然なんだろうけど、ある種“時代”を感じさせる側面もあるかなぁと。

現実問題として、自分らみたいな特撮ファンが、幾ら応援したとしても、それが直接所属事務所や当人の“商売”に繋がらなければ、正直“食っていく”のが難しい世界ですからね。

若い内ならまだいいけど、ある程度の年齢越えて、食えないってことになったら、逆に男の方は女子以上に“潰し”が利かなくなって、本当にどうにもならなくなってしまいますからね。

40〜50越えて、食いっぱぐれた役者崩れなんて、悲惨窮まりないですからね・・・(^^;

まして、大卒ですら普通の就職や、安定した収入すらままならない今の時代、例えある程度順調に見えても、不安を感じた段階で、見切りをつけるなら早い方がいいってのは、あるかもしれません。

勿論、ファンの気持ちとしては、もっとこの世界で頑張ってほしいって気持ちも、続けていればなんとなるって思いたい気持ちも、凄く分かるんですよ。

けど、結局それって、ファンの無責任なわがままに過ぎないのですよ・・・

仮に、同じような状況の、彼らと同年代の子が、自分の子供や親戚に居たら、絶対に「もっとあの世界で頑張れ」なんて言わないし、言えませんよ。
「今ならまだ間にあうから、さっさと辞めて“カタギ”の仕事に就け」って言うのが当然だし、責任です。

自分自身がもう、そう言うべき年代の“おっさん”になってしまったってのもあるのですが、そういう視線で見れば、今度のこれらの件も、本人が選んだ道ならば、それを支持すべきではないかと思います。

彼らの、新しい世界での、今後のご活躍を、心から願ってます。

お疲れさまでした。
[PR]
by yaskazu | 2013-11-04 23:29 | ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/20769023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つる at 2013-11-05 18:49 x
つるです。

確かに、特撮系ドラマはその世界の登竜門
といっても過言ではないんですね。

松坂君や福士君曰く、着々と道を歩んでいますが
並大抵の努力では報われないと思われます。
本当にビッグチャンスを掴むのは難しいですね

この二人も日々の未来を見守っていきたいと思うばかりです。

後、アグリ君の妹も現在お天気キャスターやってるので
そちらも見守っていたいただければと…
Commented by yaskazu at 2013-11-05 23:34
>つる様
本当に努力と実力と運だけがものを言うような世界でしょうから、一般の仕事以上に、大変な世界だと思います。

アグリの妹、と聞いて一瞬「?」だったんですが、モネ=にわみきほさんのことですね。
勿論、応援しますとも(^^)
<< 頼みもしないのに・・・ 雨の日曜日 >>