2199年12月8日
宇宙戦艦ヤマト2199のTV放送が終了し、既に1週間ですが、何やら未だに余韻が抜けないというか、いわゆる“燃え尽き症候群”のように、ポッカリ穴が空いたような感覚になっとります・・・(^^;



遡ってみれば、約2年ほど前、「宇宙戦艦ヤマト」の新作が作られること、それがどうやら“1作目”の完全リメイクらしいことを聞き及んだ時は、正直「なんで今更?」って気持ちが強く、かなり冷めた目で見ていたんですよね。

ところが、その全容が徐々に明らかになり、やがてあの“夕日に眠る戦艦大和”のイメージ映像や、各種設定のビジュアル、プロモーションの動画等を見ていくうちに、自分の中でどんどん、“何か”が膨らんでゆくのを感じたのですよ。

これは、ひょっとしたら“もの凄いもの”になるんじゃないか”という、予感・・・

それは、去年の春ごろCSファミリー劇場で、第1話が先行放映された時、予感は確信に変わりました。

クオリティの高さは勿論のこと、多感な時期に“同じ時間”を共有した、ヤマトでオタク開眼し、ヤマトで育ち、ヤマトで“作る側”になったような、自分達と同世代のスタッフの、ヤマトへの“愛”に溢れた、外してはいけない部分や、ファン側の真理や“ツボ”をちゃんと心得た仕上がりに、感動すら覚えたものです。

そうだ、こういう「ヤマト」が観たかったんだ!

本来なら、先行上映版を観に、劇場に足を運びたい気持ちはあったものの、なかなか都合もつかないまま、やがて開始されたDVDのレンタルで、毎回その仕上がりに感嘆すること数ヶ月、遂に今年(2013年)の4月より、地上波での放送が決定した時は、本当に嬉しくて(心の中で)小躍りしたほどでした。

そして、遂に地上波で放送が開始されて以降、半年・・・
正に“至福の時間”を過ごさせていただきました!

DVDレンタルで、事前に内容は分かってるにも関わらず、とにかく毎週TVで「ヤマト」が観れるということ、そのものが本当に幸せで、毎回放送日がくるのが、こんなに楽しみでしようがなかったこと、こんなにワクワクドキドキしたのも、本当に久しぶりでした。

それこそ、旧作の「宇宙戦艦ヤマト」の第一作に夢中になっていた、中高生だった頃の感覚が、そのまま戻ってきたようで、まさかアラフィフになって再びこんな気持ちになるなんて、夢にも思いませんでした(^^;

それに、そのTV放送が始まって間もなく、ぶっ倒れて入院してしまい、その入院中の病床でも、欠かさず「ヤマト2199」だけは観てたこととか、また丁度その時間に夕方の検温や血圧測定の時間で、早く終わらせてくれよと思いつつ、看護婦さんと会話しながらも、テレビからは目を離してなかったこととかも、自分にとっては忘れられない思い出になりそうです(笑)

後期のオープニングに、どうしても馴染めなかったこと(申し訳ないけど、録画再見時は、あのOPはスキップさせちゃいます(^^;)や、尺の都合上、先行上映&DVDorBD版に比べ、若干編集でカットされた部分が幾つかある等、多少残念なところはあったものの、それでもこの半年間、ヤマトと共に旅が出来たことの喜びの方が、勝っていました。

それは、スタッフの「2199」にかけた“思い”や“愛”を、受け手である自分達も、共有できたからかも知れず、それこそが、最も大きな財産だったのかもしれません。

本来なら、ブログの方にも毎回感想記事を上げたかったのですが、ツイッターで色々つぶやいた段階で、エネルギー使い果たしちゃうところも多かったので、よろしければツイログの等で当該ツイート等、参照いただければ幸いです。

2199年12月8日 ヤマト帰還

因みに、2199の設定上は、12月8日は沖田艦長の誕生日だそうで、同時に命日にもなった訳だけど、コスモリバースの設定を考えれば、むしろ地球の命になって再誕した日と捕らえた方がいい気がします。

また、12月8日は日本軍の真珠湾攻撃の日でもあるんですが、敢えてこの日を持ってきたことの意味も、考えてみるべきかもしれません。

あと、12月8日は監督の出渕裕氏の誕生日でもあるそうですが、こっちは意味あるんでしょうかね?(^^;

そして発表された、来年の完全新作劇場版。
続編(「さらば」準拠?)なのか、或いは番外編やスピンオフ的なものか、現時点ではなにも分かってませんが、また楽しみがひとつ増えたのは、実に喜ばしいことです(^^)

ともあれこの半年間、楽しい時間をいただき、本当にありがとうございました!

宇宙戦艦ヤマト2199 7 (最終巻) [Blu-ray]

バンダイビジュアル



宇宙戦艦ヤマト2199公式設定資料集

マッグガーデン



1/1000 宇宙戦艦ヤマト2199 (宇宙戦艦ヤマト2199)

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2013-10-05 22:20 | アニメーション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/20518041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 幾らなんでも キュウリが100円 >>