2020年
あまり関心がなかったこともあり、客観的、冷淡に見ていたのですが、朝起きて“決まった”と聞いたときは、多少の驚きはあったものの、特に喜びとか感動は、正直感じませんでした(^^;

勿論、これが何かの起爆剤になり、日本がいい方向に回っていけばいいとは思うけど、さてそんなに上手く行くのかどうか、不安や疑念の方が大きいと思うのが、自分の本心。



今の日本は、被災地の復興や汚染水の問題を始め、先に解決しなきゃならない問題が山積していて、そのどれもがハッキリとした目処が立ってないってのが、本当のところなんじゃないか?

それらを棚上げにしたまま、お祭り騒ぎだけ先行して、本当に大丈夫なのかという、疑問みたいなものは浮かばないのだろうか?

仮に今回の招致で、東京や近隣都市が一時的に潤うことがあったとしても、それが被災地を含めた、日本全土に対する恩恵になるかは、甚だ疑問を感じるし、それが景気や経済、或いは医療や社会保障等の、劇的な回復に繋がるとか、本気で思ってる人がいるんだろうか?

朝から、浮かれてお祭り騒ぎな人達見てると、あの人達多分今の暮らしに何の不安も不満もない、幸せな暮らししてるんだろうなとか、つい穿った捻くれた目で見てしまいます(^^;

ともあれ2020年、先は長いようで短いですよ・・・
[PR]
by yaskazu | 2013-09-08 21:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/20355661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 狂想曲 恨み無用 >>