気づかなかいうちに・・・
なんだかんだで、結局毎年なんらかのカタチで突っ込んでる24時間テレビですが、今年はもう本当に、やっていたことさえ気づかないうちに、終わっていました(笑)

チャリティーそのものを否定する気はないし、本当にそれが有意義な使われ方をするなら、非力なりにも是非協力したいと思うけど、もはやそれを“ああいうカタチ”の、ただ無駄に長いだけの番組でやるのは、もはや時代遅れなんでしょう。



実際、番組の本来の趣旨も、この企画が開始された当初からは、大きく外れたものになってる気がしますしね(^^;

やればやるほど、志から離れてゆき、目的が分からなくなってゆく・・・

血を吐きながら続ける悲しいマラソンというのは、某特撮番組の中の有名な一節。

なんか、いまの24時間テレビは、正にそういう状態になってるように思います。
[PR]
by yaskazu | 2013-08-26 21:50 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/20277195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 収まってなかった・・・ 帯 >>