発掘
思うところあって、ちょっと発掘作業をした結果、目的の物を発見しました!

f0124763_22929100.jpg

ダイコンフィルム版「帰ってきたウルトラマン」の、公開当時にゼネラルプロダクツから発売された、“VHS”のテープです!

かの“庵野秀明”氏の、アマチュア時代の監督作品であり、自ら“ウルトラマン”を演じた、伝説の作品です。

幸い劣化はしていないようで、殆ど当時と変わらない状態を保っていたので、この際BDに落として保存しておこうと思ってます。

しかし、今観てもホントにアマチュア作品のレベル遥かに越えてますね、コレ。
今の庵野作品の原点と思えるものが、多数垣間見えます。

もっと世間に広く出回らないのが、惜しいくらいですが、まぁ色々と面倒臭い“大人の事情”が絡んじゃいますからねぇ(^^;

館長 庵野秀明 特撮博物館 会場限定 巨神兵東京に現る ヴィネットフィギュア全6種+スペシャルver全1種セット

海洋堂


ダイコン版「帰ってきたウルトラマン」関連のアイテムはさすがに見つからないけど、その発展型とも言えるのが、この巨神兵だと思う。
[PR]
by yaskazu | 2013-07-28 22:24 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/20104103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2013-07-29 12:52 x
 これ、私は入手しそこねていたのですが昨年「特撮博物館」会場でDVDを見つけて迷わず買いました!えらく高価だったのは大人の事情がらみですかね。現在名を成しているクリエーターの本気のアソビ心がすごい。あ、今のご時世だと「大日本」とかはアウトでしょうか。
Commented by yaskazu at 2013-07-29 22:19
>tomoko様
ゼネプロは昔から“ぼったくり”でしたからね。
このVHSテープも、詳しくは忘れてしないましたが、当時の相場からいっても、かなりの値段だったような記憶があります。

確かに“大人の事情”で、再販が望めそうにないという理由で、足下見た可能性は十分考えられますね(笑)

「大日本」は、当時から色々あったみたいですからね。
あれが“シャレ”だっていうのが理解できないという意味では、そういう人が昔よりは多いかもしれませんね。

この「帰ってきたウルトラマン」も、スパイナーみたいな架空の兵器ではなく、もろに核ミサイル使おうとする辺り、今では「大日本」より、ある意味ヤバイかもしれませんね(^^;

あれは勿論、妙な思想や特別な意図でやってる訳はないし、ウルトラシリーズが持っていたテーマ性みたいなものを、茶化すと同時に敬意をはらってるものだと思うのですが、それが分からない人が結構おられるんですよね。

窮屈な時代になったもんです。
<< 学習能力 鎧武者☆果物 >>