踏むものがない
参院選の公示ということで、ウチのすぐ横の車道を挟んだマンション前のフェンスに、候補者のポスターがずらりと並びました。

う〜ん、しかしなぁ・・・・

なんちゅうか、今度の選挙は、ただでさえ結果が分かりきってる上に、大阪での候補者の中に、“コレ”といって投票しようって思える人が、正直いないんですよねぇ(^^;



例えば、前の参院選や、ひとつ前の衆院選とかは、政権や政治の主導権に関わる大きな意味があったり、なんだかんだで“目玉”になる候補がいたりで、それなりに“熱”があったと思うのですよ。

自分も、どこを選ぶか、誰に投票するかは、当日投票所に行く直線まで悩んでたし、その当時の自分のブログを読み返してみると、ウ◯コを踏むか、ゲ◯を踏むかの選択だなんて書いてたりします(苦笑)

しかし、今度の参院選に至っては、どの党もどの候補者も、もはやウ◯コやゲ◯ですらない状態に思えてしまって、本当にどうしたものかと(^^:

結局、誰を当選させたいとか、どこに政治の舵を握ってほしいというのでは、現段階では入れられないってのが、正直な印象。

ならば逆説的に、誰を当選させたくない、どこの党には議席を渡したくないっていう、マイナスの論法で決めるしかないかなぁと思ったり。

しかし、そうすると今度は、ほぼ全て当て嵌まってしまって、逆に迷ってしまうという、なんかもう袋小路にはまり込んでしまった状況に(^▽^;

むぅ、これから投票日まで、じっくり見据えていかなきゃなりませんねぇ・・・
[PR]
by yaskazu | 2013-07-04 22:15 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/19954961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 聞こう!(読もう!) 包帯男 >>