知らせ
昨夜、また悲報がひとつ・・・

訃報:本郷功次郎さん 「特捜最前線」の橘警部などで活躍

特ヲタ的には「ガメラ」って言うべきなんだけど、やはり一番印象に残ってるのは「特捜」の橘警部ですよねぇ。

「特捜」自体が、特撮物に所縁のある俳優さんで、ほぼ固められていた感がありますが、そういう意味では本郷さんもその範疇に入る訳だけど、それ以上にこの方は、色んなドラマで活躍されていて、そっちの印象の方が強かったりもします。

個人的には、月曜日の9時台、花登筐先生の、いわゆる“女性根性物”のドラマには、かなりのシリーズにに出ておられたイメージがあって、中でも中村玉緒さんの主演だった「おからの華」ってのが、何故か記憶に残ってます。

あの一連の“花登筐枠”は結構何作かあって、自分もよくは憶えておらず、「おからの華」の記憶もかなり断片的なんだけど、本郷さんの演じられてた役は、最終回で玉緒さん演じる主人公“うさ”の名を呼んで、絞り立てのおからの塊(これが「おからの華」のタイトルの所以だったはず)を握って死んでいったというのが、妙に記憶にこびり付いちゃってるんですよね(^^;



そうそう、確かほんの2週間程前、TSUTAYAの100円レンタルで、本郷さんの出演されてた「ガメラ対バイラス」を観たばかりだったんですよ。

これを借りた理由自体は、NHKで放送された“ダイオウイカ”が、まるっきり“バイラス”そのものに見えたんで、ちょっと観たくなったという、本当になんでもないことだったので、それから間もなくのこの訃報ですから、やはり“感じるもの”はありますね。

そういえば、同じ「特捜」に出られてた大滝秀治さんの夭逝の際も、CSで「特捜」の船村刑事の主役回「子供の消えた十字路」が放送されたのを、たまたま観た直後のことでした。

偶然なんだろうけど、やっぱなにか“虫の知らせ”的なものなのかなぁとも、少し思ったり・・・

いずれにせよ「特捜」のメンバーから、そして自分らが幼少から慣れ親しんだ俳優さんがまたひとりいなくなってしまったのは、寂しい限りです。

安らかにおやすみください。
[PR]
by yaskazu | 2013-02-15 22:01 | ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/18611863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 疾走 へ〜ん〜た〜い〜だ、だ、だ! >>