気質
大阪とイタリアは、そこに住む人間も含め、“気質”が似ているとは、結構よく言われること。



今日の昼食は、イタリアンのファミレス“サイゼリヤ”にて、ミラノの風ドリアを食べたんだけど、これに“プチフォッカ”なるものが付くセットがあり、この“プチフォッカ”なる全く聞き慣れないものが、はたしてどういうものかが分からず、メニューに載ってる写真を見ても、イマイチ正体がつかめない。

こうなると気になって仕方がない。
この“プチフォッカ”なるものが、いかなる食い物なのかを確かめるため、セットで注文することに・・・

で、その正体は・・・

なんのことはない、ピザ生地によく似た食感の、“パン”でした(美味かったけどね)

しかしまて、自分が注文したのは“ドリア”、つまり主体はライス、“米”な訳だ。

パンに米って、全部“炭水化物”じゃねーか!(笑)

なるほど、うどんは勿論、お好み焼きや焼きそばと、ご飯を一緒に食う“大阪人”の、「どっちも炭水化物やんけ」な文化と、イタリアの食文化は通じていた訳だ!

俄に、イタリアに親近感を感じてしまった、週明けの昼下がりでした(笑)
[PR]
by yaskazu | 2013-01-28 22:32 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/18475087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 準備中 ゆる・・・ >>