全身削岩機
辛気臭い話題が続いたから・・・という訳ではありませんが、気分を変えて今回はシュミなエントリー。
先日の新年会の時に、梅田のヨドバシで“980円”で購入した、特撮リボルテックの“モゲラ”を紹介します。

f0124763_218749.jpg

パッケージはこんな感じ。
特リボのパッケージは、総体的にセンスのいいものが多いと思うのですが、その中でもこのモゲラのは、“シブイ”感じで、カッコイイですね!(^^)

f0124763_2182530.jpg

蓋を開くとこんな感じ。
特リボでは毎度おなじみの構成ですが、まだリボルチップが付属してた頃の商品ですから、この“叩き売り”な値段も、納得かなぁと・・・(^^;

f0124763_2183286.jpg

オプションパーツ。
モゲラ本体のベースと、マーカライトファープ及びそのベース、ミステリアンのミニフィギュアに、ネームプレート、モゲラのアンテナ2つ。
アンテナが2つ付いてるのは、折れた時の予備なのかな?

以下、本体の紹介。



f0124763_2183584.jpg

前面。
プロポーション的には申し分ないものの、元のデザイン上バランスがイマイチで、直立状態では、ご覧のようにベースを使わないと、自立してくれませんでした(^^:

f0124763_2185127.jpg

頭部のアップ。
造形、ディティル共に、実によくできていて、流石元来“ガレキメーカー”である「海洋堂」の名に恥じない仕上がりだと思います。
“顎”も、ちゃんと透明パーツになってます。

ただ、アンテナの取り付け部が少し硬くて、無理に押し込むと本当にアンテナが折れそうな気がしたので、しっかり挿し込めずにちょっと“浮いた”感じになっちゃいましたが、実物はさほど大きい商品ではないので、肉眼で見る分には気にならないと思います。

f0124763_219118.jpg

背面。
シルバー地にメタリックグリーンのグラデーション塗装や、ベースの塗り分け、ドライブラシ処理等、これもガレキメーカーらしい、きめ細やかぶりで、感心してしまいます。

バンダイのフィギュアーツ辺りも、頑張ってはいると思うのですが、特撮リボルテックのこの徹底ぶり見せられると、多少の見劣りはやむを得ないかもなぁと・・・

バンダイがライダーやウルトラの版権押さえちゃってるのは、もし海洋堂が、このレベルのアクションフィギュア出されたら、勝負にならないからだろうなぁというのは、穿った見方かな?(^^;

f0124763_219277.jpg

サイド。
モゲラ特有のプロポーションや、回転のこぎり状の背びれ、象徴であるドリルの鼻先から尻尾への“線”の流れ、全体のバランスとか、ちゃんと計算して造形されてますね。

ただ、こういうデザインであるが故、最近フィギュアネタで活躍してくれてる“魂ステージ”が使えないという、思わぬ誤算も生じたり(^^;

f0124763_2191793.jpg

リボルテックとロボットとの相性は抜群らしく、“ヤマグチ系”のアニメのロボとまではいかないまでも、モゲラもこういった“ケレン味”のあるポーズをつけることができます。
面白いのは、直立だと自立しなかったくせに、こういう派手目なポーズつけると、何故かベースなしでちゃんと立っちゃったんですよね(w

ただ、実際の劇中でのモゲラは、当時の着ぐるみ造形の技術的にも、こんなポーズをとることは勿論、アクションらしいアクションもなく、本当に穴掘ってるか、ただ突っ立ってるだけってイメージしかないんですよね(^^;

まぁ、そこが良いんだって面も確かにあるんですが、今の技術なら・・・いや、CGを使えばってのは勿論ですが、着ぐるみとミニチュア特撮好きな自分としては、例えば東映の戦隊ロボみたいな、造形とアクション両立できる技術で作った着ぐるみと、日下秀昭さんや高岩成二さんみたいな、演技もアクションも共にこなせるスーアクさんがいれば、生き物のように動き回る着ぐるみモゲラなんてのも、夢じゃないと思うんですが・・・

f0124763_2110408.jpg

こういうアングルで、ゴジラやガイガン辺りとバトル繰り広げるモゲラとか、見てみたいという妄想が(笑)

f0124763_21104984.jpg

オプションのマーカライトファープ。
大きさ的には、一時海洋堂の主流商品だった“タイムスリップグリコ”の鉄人28号シリーズ辺りと同等なんですが、作り込みや塗り分けの細かさは半端ではありません。
むしろ、本体のモゲラよりリキ入ってんじゃないかと(w

f0124763_21105123.jpg

その分、なんかミステリアンさんは、イマイチ“テキトー感”が(笑)

f0124763_2111110.jpg

せっかくセットで入ってるんだから、やっぱこういう写真は撮っとかないとね(^^)

f0124763_21111542.jpg

そして、やはり並べたくなるこの2つ。
伊福部昭の旋律が脳内に鳴り響く・・・・!

f0124763_21112510.jpg

ならば、こういうのも・・・
でも、こういうアングルだと、モゲラの目からの破壊光線で、2両ともあっけなく破壊されるなんてのは、怪獣映画のお約束(笑)

f0124763_21114020.jpg

オマケ。
ドリル対決!
俺の方がデカイぜ!って弦ちゃんの声が聞こえてきそうですが、男は“大きさ”だけじゃないんだぞと!

いや、深く考えなくていいです・・・・(^^;

で、今更気づいたんですが、同じライダーなら、この場合アマゾンライダー持ってきた方が、ネタとしては高度かなとも思ったんですが、まぁいいや(^^;

f0124763_21201415.jpg

てことで、特撮リボルテックのモゲラでした!

特撮リボルテック SERIES No.013 モゲラ

海洋堂


[PR]
by yaskazu | 2013-01-24 21:24 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/18403945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< し る 本当の声を聞かせておくれよ >>