タイガー&バーナビー
長々と引っ張った、バンダイのFigure-rise 6 「TIGER & BUNNY」、漸くワイルドタイガーと、バーナビー・ブルックス・Jr、2人のバディヒーロー揃い踏みです。

f0124763_21561385.jpg

コンセプトは共通していながら、方向性としては対照的なのは、“バディヒーロー”としても優れたデザインと言えます。

また、2次元だけでなく、こうやって模型化やフィギュア化された数々の商品、舞台版のために作られた、特撮ヒーロー物の着ぐるみさながらのスーツ等を見ても分かるように、3次元の“立体映え”する事をを念頭におかれたデザインは、元々が特撮ヒーロー物のファンであり、確かな画力を持つ“桂正和”らしいセンスと言えるでしょう。

f0124763_21561156.jpg

後ろ姿。
後期オープニングで、シュテンビルトの街を見つめるように立っている、2人の後ろ姿をイメージしてみました。

以下、もう少し。



f0124763_21555558.jpg

2人のこの並走って、文字通り“凸凹コンビ”な、お互いのキャラクターを象徴してるみたいで、自分的にはお気に入りなシーンだったりします。

f0124763_2156387.jpg

正面より。
しかしタイガーさん、この走り方で脚力の優れたバニーちゃんに、そこそこ負けない辺りは、おじさんの意地なのか、ベテランの実力なのか(笑)

f0124763_21563611.jpg

この商品、フィギュアーツやリボルテック辺りと比べると、少し大きめのスケールで、手持ちのフィギュアの中で絡ませられそうなのは、リボルテックの中で少し大きめな、このラオウさんくらいだったのですが、それでもちょっと小さいですね(^^;

さすがに絵面的に違和感あるけど、ラオウさん自身が既に“ネクスト”みたいなもんだし、下手すりゃ“タイバニヒーローズ”が寄ってたかって挑んでも、ラオウさんには叶わないイメージあるしねぇ(^^;

しかしこうしてみると、やはり2人とも“グッドラックモード”のパーツは付けてほしかった気がするな。
多分、同じコンセプトの写真撮っても、かなり印象違った筈だし。

f0124763_2157138.jpg

で、お約束どおり、ちゃんと“このシーン”も再現できますよ(^▽^)
さすがにおじさんの重さで、バニーちゃんの自立は難しいので、スタンドの補助は必要かと思いますが、タイバニコンビのフィギュア揃えて、これやらない訳にはいかんだろうと(笑)

てことで、一応このシリーズは今回で終了ってことで、お付き合いしてくださった皆様、ありがとうございました<(_ _)>

f0124763_21563771.jpg

・・・・て、おい、やめろ!(^^;

Figure-rise 6 ワイルドタイガー (TIGER & BUNNY)

バンダイ



Figure-rise 6 バーナビー・ブルックスJr. (TIGER & BUNNY)

バンダイ



Figure-rise 6 ダブルチェイサー (TIGER & BUNNY)

バンダイ


実はこのFigure-rise 6 「TIGER & BUNNY」の2人は、年末に発売予定のこちらの商品に対応しているのですが、こっちの方は現時点では自分は購入未定です。
[PR]
by yaskazu | 2012-11-20 22:11 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/18186541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 延びた ※追記あり おじさん・つづき >>