おじさん・つづき
お約束通り(て、誰も頼んどらんて(^^;)Figure-rise 6 「TIGER & BUNNY」、今回はワイルドタイガーさんのつづき。

実は、先日紹介した際、背中のパーツが一個欠落してたり、腕のアーマーの部分のパーツを左右と付け忘れてたりで、言わば未完成のままで載せちゃってたので、紹介できなかったオプションパーツも分も含め、改めてということで。

f0124763_23261052.jpg

バニーちゃん同様、前期オープニングのポーズで。
映像では腰から上のウェストショットに、虎徹さんのアップが重なるような演出だったので、脚の方は想像ですが(これはバニーちゃんも同じ)まぁこんなもんでしょう。

f0124763_2326270.jpg

背中から。
前回の紹介では、肩甲骨部分のアーマーの端っこにある、銀色のパーツが欠落した写真を載せてしまいました。
どうやら、胸パーツと胴体パーツのハメコミが甘かったのが原因のようで、しっかり奥までハメることで、解消しました。

他にも、両肩や首の部分等、ハメコミが甘いと外れやすい部分が幾つかあり、これはバニーちゃんも同様の傾向があるみたいなので、説明書の表記通り、“パチン”と音がするまで、しっかりハメた方がいいでしょう。

当該部分は確かにちょっと硬いので、あまり力を入れると、パーツを壊してしまいそうで不安かもしれませんが、少し思い切って「エイヤ!」ってくらいに行く方がいいようです。

以下、もう少し。



f0124763_23264749.jpg

ワイルドに吠えるぜ!

f0124763_23271314.jpg

写真で拡大してみて、初めて左目のシールがズレてることに気づく。
肉眼では分からなかったのだが・・・・

いよいよ老眼鏡かな・・・orz

因みに、これも前回の紹介では、腕のアーマーの、クリアパーツの前の拳に被ってる部分の銀のパーツが付け忘れたままで、こちらは完全に自分の見落としです。

だって、無くても目立たなかったんだもん・・・(^^;

f0124763_2327666.jpg

オプションのワイルドシュートは、一旦アーマーのパーツを外してから、差し替え式で装着します。
さすがに作中のような、複雑なギミックは組み込めなかったようですね(^^;

f0124763_23273856.jpg

ワイルドシュートから飛び出すワイヤーを使って、どこかの蜘蛛男さんよろしく、ビルの谷間を行き交うタイガーさん。

「タイバニ」に登場するヒーローは、ダークヒーローのルナティックさんを除けば、基本的に人命を奪うことはしません。
タイガーさんのこのワイルドシュートも、殺傷目的の武器ではなく、あくまでワイヤーでの移動や人命救助、犯人逮捕のために用いられる物で、まさに虎徹さんの理念を具現化した道具って感じですね(^^)

f0124763_23272476.jpg

タイガーさんの武器は、なんといっても“拳”!
パンチを繰り出すワイルドタイガーの姿は、正しくヒーローです!

・・・・と、ここまで見てて、気づかれた方もおられるかも知れませんが、実はこのキット、バニーちゃん共々、“グッドラックモード”のパーツは、残念ながら入ってません。

理由としては、映画版のキット化という名目なので、今度の映画の方には登場しない(らしい)“グッドラックモード”や、バニーちゃんの胸のエンブレムは入ってないということらしいです。

まぁ、あったらあったで、その分値段が上がってしまうけど、あれだけ印象的なモードのパーツが付いてないというのは、惜しいですね(^^;

f0124763_23275369.jpg

てな訳で、タイガーさんの追加レビューでした。
劇場版ということで、左肩のアーマーの企業ロゴも、ファミマのものになってます。

次回は、2人の“コンビ編”を予定しております。

Figure-rise 6 ワイルドタイガー (TIGER & BUNNY)

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2012-11-19 23:42 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/18183793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タイガー&バーナビー バニーちゃん ※追記あり >>