バニーちゃん ※追記あり
先日紹介した、バンダイのFigure-rise 6 「TIGER & BUNNY」の、新人の生意気な相棒、バニーちゃんこと、バーナビー・ブルックス・jrです。

※11月20日、写真2点追加、及び追記しました。

f0124763_23153855.jpg

おじさんこと、ワイルドタイガーに劣らず、プロポーションやディティール等は申し分ないし、説明書通り組むだけで、比較的簡単に、プラモとしてもフィギュアとしても、非常に完成度の高い物に仕上がるので、初心者でも挑戦する価値はあると思います。

f0124763_23154830.jpg

ワイルドタイガー同様、シール処理で色分けする部分があり、割合的にはバニーの方が多いようですが、それ自体は、デカール貼りやマスキング処理みたいな感覚で出来るので、ある程度模型を作ったことがある人間なら、さほど苦痛には感じないんですが、ひとつ問題点。

タイガーの方はそうでもなかったんですが、バニーちゃんの方はそのシールが、肘関節や足首といった“可動箇所”に干渉する部分があり、動かし難くなったり、シールが剥がれてみっともなくなってしまう場合があるので、そこは部分的にでも塗装するか、いっそ無視しちゃう方がいいかもしれません。

また、シールがパーツどうしの“段”に足らない場合があるので、気になる場合はこれも部分的にでも塗装してもいいかも知れないし、勿論その気のある人は、全面塗装の本格的な模型制作として作られてもいいかもしれません。

キット自体が非常に良く出来てるので、ちゃんと作れば“かなりの物”になると思いますよ(^^)

因みに私は、ヘルメット部分の黒いラインが、縁の部分までしかシールがなく、顔がちょっと締まりがなく見えたので、白く残った段の部分のみ、艶消し黒で塗ってやりました。

以下、もう少し。



f0124763_23155969.jpg

バニーちゃん走り。
タイガーの“おじさん走り”とは対照的に、若い、如何にも“ヒーロー然”とした、カッコイイポーズです(w

f0124763_23161621.jpg

前期オープニングのポーズも、この通り。

f0124763_23162520.jpg

バニーちゃんの決めポーズですが、なんかこうして見ると、ちょっと響鬼さんみたいですね。
「鍛えてます!」シュ!(違)

※追加分
f0124763_1164443.jpg

バニーちゃんは、キックを得意としてる辺りは、タイガーさんと対照的ですが、2人の拳と蹴りが合わさった時、最強のパワーを打ち出すってのは、“バディヒーローもの”として、王道であり、燃え(萌え?(^^;)ポイントでもあると。

f0124763_1172440.jpg

別アングルから。

f0124763_23161765.jpg

そんな訳で、Figure-rise 6 の、バーナビー・ブルックス・jrでした。

お気づきの方もおられるでしょうが、実はこのバニーちゃんには、胸のエンブレムがありません。
これは、自分がシールを貼り忘れたのではなく、映画版の模型化ということで、最初から入ってないからなんで、その辺りは御容赦を(^^;

次はワイルドタイガーの追加写真を中心に紹介予定。
その後、2人の“踏み揃い”や、“あのポーズ”なんかをやりたいと思います(もう写真は撮ってある)

え、このネタで引っ張って、誤摩化すつもりだろうって?

ハイ、その通りです、ゴメンなさい(^^;

Figure-rise 6 バーナビー・ブルックスJr. (TIGER & BUNNY)

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2012-11-18 23:23 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/18180446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おじさん・つづき 不滅 >>