愛ある限り待ちつづけるのだ
ネット上では少し前から情報が流れてて、ネタバレ画像も出てたけど、正式発表されるまでは控えておこうと思ったら、週末にあちこちで情報開示されたばかりでなく、スーパーヒ−ロータイム内の「ウィザード」の宣伝でも流れ、さらに今日10月1日は「宇宙船」や「ハイパーホビー」の発売日ときて、ここでも堂々と発表されてしまったので、今更なにをか言わんやになってしまいましたが、遅ればせながらですが、一応特撮メイン(だった筈・・)の、当ブログ内でも触れておきますね(^^;

イナズマン&ポワトリン、冬のライダー映画に登場決定!サナギマンも復活し映画初出演!



「フォーゼ」の方は、現時点で発表になってるのは“サナギマン”の写真のみですが、蛹が出てきて蝶が出ないってことはないでしょうから、そちらの方もおそらく、新しいデザインと造形で出てくるんでしょうね(サナギマンが原作のイメージに近い分、もう一方も原作準拠なイメージかな?)

自分は結局、夏の映画は観に行けなかったんだけど、キョーダインは完全な悪役として登場したそうで、それに賛否が分かれてるそうですが、今回も“敵”として登場するということで、どういう扱いになるのかは気になるところ。

ただ、今回はTVシリーズの5年後の話で、弦ちゃんが教師になってる(!)ってことで、サナギマンに変身するのは弦ちゃんの生徒らしいので、その辺りから物語を推測すれば、多分ファンが望むカタチに落ち着くんじゃないかなとは思います。

しかし、自分はフォーゼ放送中から、弦ちゃんみたいなタイプは、案外将来は教師になっちゃうんじゃないかって言ってたんですが、その通りになっちゃいましたね(^^;

でも、弦ちゃんならきっといい先生になると思いますよ。

まぁ、キャラクター的に、某GTナントカが頭に過るのは、この際忘れることにして・・・(お

あと“インガ”や”なでしこ”も登場するということで、特になでしこは“美咲撫子”の姿でも登場するようなので、前回の映画の、あの弦ちゃんとの切ない物語が、どう絡んでくるのかとかは、やはり気になりますね。

そして「ウィザード」の方。
こっちの方のゲストは、文字通り予想外というか、完全にノーマークの斜め上から、こめかみにいきなりコークスクリューパンチを超音速で喰らったようで、衝撃のあまりパンチドランカーになるかと思いました(^^;

ポ、ポ、ポワトリンって・・・・(wwwwwww

しかし、それをもっと上回る衝撃が、ウィザード編の脚本を、本家「ポワトリン」の“浦沢義雄”さんが書かれるということ!

浦沢さんについては、もう特撮ファンやオタには説明の必要はないと思いますが、近年では「ゴーカイジャー」の“カーレン編”とか、まさかの“ジェラシット再登場編”とかで、全く衰えない(どころか、むしろパワーアップしてる(笑))シュールで不条理な世界を炸裂させておられましたよね(^^;

「ウィザード」のテレビリーズ自体が、始まったばかりということもあり、まだ作品の世界観や方向性が定まってない印象があるし、「フォーゼ」がパンチの利いた“熱い”イメージがあった分、逆にフラットなイメージのある「ウィザード」の世界観に“浦沢ワールド”を投入することが、果たして吉と出るか凶と出るかというのは、ある意味一番興味をそそられる部分なのは、確かですね。

ただ、もしこれを切っ掛けにTVシリーズの方にも浦沢さんが参加されることになるなら、前述のように少し全体にフラットなイメージのあるところに、なにかの起爆剤になる可能性はあるので、そこはちょっと期待したいところ。

ということで、今度の映画で一番の驚きは、ついこの前までランドセル背負ってた、今の鈴木福くんとかの同年代だと思ってた“須賀健太”くんが、自分の知らない間に“高校生”になってたってことでしょう!(←そこ!?(^^;)

イナズマン Vol.1 [DVD]

東映ビデオ


美少女仮面ポワトリン VOL.1 [DVD]

東映ビデオ


[PR]
by yaskazu | 2012-10-01 23:47 | 仮面ライダー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/18024400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 足の裏 駆け抜ける >>