雄介
f0124763_20402222.jpg

購入してから1週間が済んでしまいましたが、“S.I.C極魂・仮面ライダークウガ・マイティフォーム”の紹介を、遅まきながら。

f0124763_20404412.jpg

パッケージはこんな感じ。
紙のパッケージでブリスターを包み込む方式。
このシリーズはここ最近は逆のカタチをとっていたのですが、こうすることでプラの素材の節約を図ったのかな?
ジョーシンの割引の値札は気にしないでくれ(^^;

f0124763_20405025.jpg

オプションパーツ。
各種手首に、スタンドと“マイティキック”用の炎と、封印の紋章のエフェクトパーツ付き。
“S.I.C極魂”のシリーズとしては、かなり充実した構成となっていて、特にスタンドがデフォルトで付属するのは、かなりのお特感。

ただ、実はその分、他の同シリーズに比べ、本体が一回り以上“小振り”になってるんですが・・・(^^;

f0124763_2041044.jpg

前面。
最初に出た、大きいサイズの“S.I.C”のクウガに比べると、アレンジはよりテレビ版のものに近い感じで、ディケイド時に発売された“小野寺クウガ”の“S.I.C”を踏襲してる感じ。

そのアレンジ具合から、あくまで個人的な印象として、クウガよいうよりは、若干“赤いギルス”とか、“アギトのバーニングフォーム”っぽい気がしなくもないかな?

f0124763_204168.jpg

背面。
背中のアレンジは、より一層強め。
オリジナルのマイティフォームは、背中はほぼツライチだったから、かなり印象が違います。

以下、更に詳しく。



f0124763_20411362.jpg

サムズアップ。
クウガのアクションフィギュアは、各種多数出ていますが、殆どの商品に付属してるのが、このサムズアップ用の手首パーツ。
それくらい、このポーズはクウガの、というより“五代雄介”の、象徴とも言えるものなんですね。

f0124763_20412328.jpg

変身ポーズ。
このポーズ用のパーツは、手首部分に掌が前に来るような角度で固定されてるんですが、ここはフリーにしてユーザー側で角度を決められる用にしてくれた方が、ポージングに幅ができて良かったかな?

f0124763_2042057.jpg

必殺技、マイティキック!
この写真ではちょっと分かり辛くなってしまいましたが、炎状のパーツを足に装着し、その炎パーツにピン状のパーツで、紋章のパーツを付けますが、両方のパーツとも、少し付け辛いかも知れません。
また、紋章パーツの固定ピンは、小さくて透明なので、うっかりすると無くす恐れ大なので、注意(実際、自分は一度行方不明にしてしまい、ちょっとアセった(^^;)

f0124763_2042893.jpg

別角度から。
個体差があるのかもしれませんが、よく見ればわかるのですが、自分のものは紋章の部分のプリントに、剥げのようなものがあるのが気になりました(それとも、これがデフォルトなのかな?)

細かいことを突っ込むと、劇中ではマイティキックを放つ際、実はこんな風に紋章が空間に表れる事はなく、相手の怪人の身体の、技がヒットした部分に、クウガの足裏サイズの紋章が浮かび上がって、そこからエネルギーが全身に広がって爆発するという表現でした。

空間に紋章が浮かぶのは、実はアギトだったりするんですが、玩具として、フィギュアとして、ディスプレイしたり写真を撮ったりする時の“演出”としてなら、これはこれでいいんじゃないかな?

f0124763_20423087.jpg

本編ではあり得ない対決、クウガVSホースオルフェノク。
こういう“遊び”はやっているだけで楽しいですね(^^)
因みにスタンドのアーム部分は、付属の物だと短かったので、手持ちの“魂ステージ”の物と差し替えてます。

よくみると大きさが随分違うように見えますが、これはカメラ位置によるパースが原因・・・・ではなく、本当にかなり大きさに差があります(ホースの方が頭ひとつ分くらい、優に大きい!(^^;)
色々事情はあるのでしょうが、もう少しシリーズでスケール感を統一してほしいものですね。

f0124763_20432263.jpg

マイティキックを放った後の“着地ポーズ”
今のアクションフィギュアでは既に当然のようになってますが、下半身をこれだけ“しゃがみ込ませる”くらい可動させるのは、ひと昔前のフィギュアでは考えられないことでしたね。

f0124763_20432973.jpg

着地ポーズの背面、腿と脛がピッタシくっついてます。
今回は試してませんが、多分“正座”も出来ると思います。

f0124763_2044565.jpg
エフェクトパーツは、工夫や使い方で、色々遊んでみるのも一興。
どう使うかはセンス次第ですが、例えばマイティキック用の炎パーツを手に使ってみても、中々雰囲気ある絵になるでしょ?(拳に“乗っけて”あるだけなんですけどね)

f0124763_20441233.jpg

炎と言えば、この人、特別ゲストの響鬼さん!
ま、響鬼さんの吹く炎は、紫色だし、なんかこの写真だと火吹いてるってよりは、エクトプラズム吐き出してるみたいに見えちゃいますが(^^;

f0124763_20442341.jpg

夢の共演

f0124763_20453649.jpg

そんな訳で、“S.I.C極魂・仮面ライダークウガ・マイティフォーム”でした!(^-^)b

S.I.C.極魂 仮面ライダークウガ マイティフォーム

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2012-07-21 21:04 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17784958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ひと文字 繁盛 >>