総天然色
「宇宙船」最新号、出てました。

f0124763_2117395.jpg


ご覧のように、今回も表紙は麻宮騎亜氏。
夏の「フォーゼ」の映画がお題になっていますが、ライダー達や、今回の敵となるキョーダイン達より、原幹恵演じる“インガ”に、妙にリキが入ってるように感じるのは、気のせいかなぁ?(笑)

そういう私は、インガの持ってる“グロック17”に、ついつい目が行ってしまったりするのですが・・・(^^;

因みにこのインガ、本編中では“MAC11・イングラム”なんかもぶっ放すようで、なにげに鉄砲好きの感性を刺激してやがります(w

ま、それはいいとして・・・・(^▽^;

内容的には、まぁ概ねいつも通りの内容で、逐一紹介することもないのですが(知りたい方は、他のサイトを参照されるか、ご自身の目で確かめられればと)本号の最大のトピックスは・・・



なんと、全ページオールカラー化!

元々、カラーページの割合は比較的多い本だったけど、この手の雑誌でオールカラーにするとは、随分大胆なことしたなぁとは思います。

確かに、これまでモノクロだったページがカラー化した事で、見栄えも興味度も増した気はするのですが、逆に言えばわざわざカラーにしなくてもいいんじゃないかってページがあるのも事実なんだよねぇ(^^;

何より、その事によって特に付録付きとか、増ページと言う訳でないにも関わらず、値段が通常より300円も上がってしまったのは、ただでさえ高い本なのに、ちょっとなぁって思うのは、正直な気持ち。

今後も、ずっと(しばらく?)オールカラーで行くとの事ですが、それはそれで構わないとは思うけど、それならばそれに見合った誌面作りを、今後も心掛けて頑張ってほしいなとは思います。

宇宙船vol.137 (ホビージャパンMOOK 452)

ホビージャパン


[PR]
by yaskazu | 2012-07-01 21:21 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17716252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 焔 野生の発進 >>