鉄球リンチの正体
「マツコ&有吉の怒り新党」で、また特撮ネタが放送されたんで、ちょこっと触れておきますね(^^)



お題は「昭和ライダーの特訓」でしたが、ウルトラの時と違って“ネタ”として突っ込みが中心だったんで、自分も軽い気持ちで笑いながら観てたんですが、そこはやはり根っからのファン。
2人の突っ込みに対し「いや待ってくれ、確かにそこだけ見ればギャグなんだが、そうじゃないんだよ〜〜〜」と言いたい部分もあったので、そこらを少し。

マツコさん、仮面ライダーの姿になったら強いんじゃないの?っていう、確かに仰る通りごもっともな突っ込み入れてたけど、昭和ライダーって、身体は改造されて強化されてても、それで戦法や戦術、精神の鍛錬や力のコントロールまで出来る訳じゃないから、特訓して技を身につけるのが基本テイストでしたからね。

あと、旧1号編で触れられてるように、仮面ライダーに移植された人工筋肉は、人間のそれと同じように、鍛えれば鍛えるだけ強くなるってもので、劇中では触れられてなかったけど、多分これは昭和ライダーでは連綿と継承されてたんだろうと、自分は勝手に思ってるんですが(^^;

「仮面ライダーV3」の、ナイフアルマジロに対抗する為の鉄球受ける特訓も、そういう見地から見れば実に理にかなっていて、一見無謀にも思える特訓だけど、ああすることで改造された肉体の更なる強化を図り、敵攻略の糸口を見つける事にも繋がると。

あと、あんな事しなきゃ自分の肩の部分が最も強固ってことに気づかなかったのか!・・・って、それは所謂“V3、26の秘密”のひとつな訳で、ダブルライダーがV3に能力教える前に姿を消しちゃって、戦いながら自分の力を見つけて行くという、立ち消えしちゃった当初の設定があるからなんですよね(^^;

そう見れば、「スカイライダー」の強化特訓も、荒療治過ぎるのは確かだけど、ちゃんと理にかなった、設定が生きたものなんだよね。

ただまぁ、それ差し引いても、どう見たってただのリンチだよなぁってのは、認めるけど(^^;

で「仮面ライダー」の、イカデビルのコーチにおやっさんがスカウトされちゃった件。
あれは、おやっさんはそうせざるを得ない状況に追い込まれたからなんですよね。

マツコと有吉に散々突っ込まれたトレーニング場(あれ、多分大野剣友会の施設でしょうね)にいた、青色のショッカーのタイツ着てた人が、凄く重要なキーパーソンなんだけど、そういう“ドラマ”の部分をすっ飛ばして、“突っ込み部分”だけを流しちゃうと、ああいう事になってしまうと・・・(^^;

因みにあの方は“熊木”さんという、おやっさんの昔のお友達で、あの人がショッカーのトレーナーやってて、半ば“嵌められる”カタチで拉致られたおやっさんが、脱出のチャンスを待つためには、ここは言うこと聞いといた方が得策だってんで、ああいう事になったんですね。

けど、やるからには例え相手がショッカーだろうが手を抜かないし、その段階で偶然見つけたイカデビルの弱点を、しっかりライダーに教えちゃうって“したたかさ”も、立花のおやっさんの魅力だったりするんですよ(^^)

もうひとつ因みに、おやっさんが脱出できたのは、熊木さんが改心して、自分が犠牲になって逃がしてくれたからで、そういう“ドラマ”があって、ああいう展開になったんだよって、ここは有権者の皆様に強く訴えたい!

てな訳で、なんだかんだ言いつつも、ああいうカタチで特撮取り上げてくれるのは、それはそれで嬉しいもんですよ。

次は是非、ピープロとか宣弘社辺りの、よりコアでディープな作品を取り上げて頂きたい(だめ?(^^;)

仮面ライダーV3 BOX [DVD]

東映ビデオ



仮面ライダー スカイライダー VOL.1 [DVD]

東映ビデオ



仮面ライダー VOL.11 [DVD]

東映ビデオ


[PR]
by yaskazu | 2012-06-07 22:36 | 仮面ライダー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17630474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 梅雨入り 銃口 >>