地方は見ちゃダメ
このところ、かなり長い間スーパーヒーロータイムの感想書けてませんね(ツイッターではひとことだけつぶやいてますが)

なんか色々忙しい時期に書き逃しちゃうと、ペースを取り戻せないままズルズルしちゃって・・・

今更取り戻すのもちょっと溜まりすぎちゃったんで、潔く溜まった分はご勘弁、今後も当分出来ませんとここで謝っておく、エヘン!(←こら、いばるな!(^^;)

代わりと言ってはなんですが、現行番組の中で、ある意味一番注目株(かもしれない(笑))「非公認戦隊アキバレンジャー」について、ひとこと。



この番組、関西では地上波放送はないので、BS環境のない私らは実質観れないんですが、ネットならバンダイチャンネルの無料配信では観る事が出来るので、そちらは一応チェックしております。

ただ、自分のMacのスペックとか、ネットの速度とかの視聴環境は頗る悪く、なんかもう、何度もダビング繰り返した裏ビデオみたいな画質(←そういう表現やめろ)で、それすら時折止まって、画面の真ん中で円がグルグルする状態で、ホント正直、関西と言わず、地方でもしっかり地上波で観れるよう、なんとか考慮してほしいなと思う次第(サンテレビとかの、地方局とかでも、なんとかならんもんか)

いや、あれがつまらないならそんな事は思わないかもしれないけど、困った事にこれが・・・結構面白いんだよ!

ぶっちゃけ、かーなーり“ふざけた”作品なんだけど、ただ悪ふざけしてるんじゃなくて、真面目に、真剣に、手抜きなしで、全力でふざけてる。

にも拘らず、それを感じさせないくらい“お気楽”な空気に満ち溢れてるのが、実は一番凄いところで、もの凄い好印象持っちゃうんですよね(^^)

なにより、作り手側の作品に対する愛、戦隊に対する愛、特撮に対する愛が、イタイくらいビシビシ伝わってくる。

文字通り、イタさは強さって感じ(笑)

で、その“イタイ”部分ってのが、コアなオタであればあるほど、もうそれ俺の事じゃないかってくらい、もの凄く“分かっちゃう”という(^^;

ただ、そういう作品だから、その“真剣にふざけてる”部分とか、シャレの分からない人には、上手く伝わらなかったり、描かれてるオタ像が理解できすぎちゃって、ある種の近親憎悪的な拒否感持っちゃう人はいるかもなぁとは、ちょっと思うのも確か。

「子供は見ちゃダメ」ってキャッチフレーズは、実はそういう精神的に達観できてない層の大人に向けての言葉なのかなぁというのは、ちと考え過ぎかな?(^^;

ただ、そういうものに囚われず、自分がオタであることをいい意味で受け入れてる、いい意味で大人のオタクにとっては、こんなに楽しめる番組も珍しいと思うのですよ。

このところMacの調子が悪くて、漸く復調したので、観れてなかった7話を本日やっと観る事ができたのですが、なんかまさかのマジ展開になってきてるじゃないですか!

ホント、全国広域で、沢山の人達に観てもらいたい作品です!

S.H.フィギュアーツ アキバレッド (初回特典付き)

バンダイ



S.H.フィギュアーツ アキバブルー

バンダイ



S.H.フィギュアーツ アキバイエロー

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2012-05-28 23:31 | 特撮 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17593655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 晴れのち雷雨のち晴れのち雷雨の... 直射 >>