事情
CSファミリー劇場で、先行放映された「宇宙戦艦ヤマト2199」の第1話を観ました。

予めアナウンスされていたように、正しくTV版第1作の、私らの年代・・・いわゆる“オタク第一世代”と呼ばれる層の人間を、“その道”に引きずり込んだ、あの“罪深き”(笑)「宇宙戦艦ヤマト」そのものが、現在の技術や解釈、ビジュアルによって、再構築され、新たに生まれ変わったという感じで、自分的には概ね好印象でした。

おそらくそれは、制作スタッフも自分らと全く同世代で、ヤマトによってオタク開眼し、それが嵩じてそういうジャンルの仕事(アニメだったり特撮だったり、コミックだったり、それらを含めた“メディアの世界)に就いたような人間で、そういう意味では「ヤマト」に対して、並々ならぬ思い入れを持っている、ヤマトに育てられたような者たちであること。

そういう“ちゃんと分かってる人間”によって作られた、続編でも、単なる新作でもない、“自分達が”本当に観たかった「宇宙戦艦ヤマト」とでも言うべきもの。

細かい部分での描写や設定の変更はあるものの、それは元々の設定を踏まえた上でのことで、例えば「さらば」の土方艦長が古代たちの元教官とか、「永遠に」の山南艦長は沖田艦長の元部下とかを生かした上で、第1話から既に登場しますが、これはむしろファンサービスの域。

ストーリー的には大きな変更は無く、むしろその描写は色々と細かい部分で凄く“心得て”いて、冒頭の宇宙海戦で、沖田艦がビーム受けた後、ほんの一瞬間を置いて傾いたり、隔壁閉鎖で「待ってくれ〜」とか、沖田艦長の「バカめと言ってやれ!」とか、同じく「見ておれ悪魔め、わしは絶対に諦めん」とか・・・

遊星爆弾で吹き飛ぶビル、破壊され、汚染されてゆく地球の描写とか、中には当時のシーンや原画をそのままトレースしたんじゃないかと思えるようなカットもあったり・・・

あと、なんと言ってもラストシーンの、夕日の中の赤錆びた戦艦大和とか・・・(^^)

そういった、絶対に“外しちゃいけない部分”を、ちゃんとやってくれるというだけで、オールドファンの琴線を弾きまくる、そういう意味でも、本当に想像してた以上の、素晴らしい出来映えに仕上がっていたと思います。

けど・・・・

そうして、出来映えが良ければ良いだけに、却って“引っ掛かってしまう”ものというのも、確かにある訳で、それは言っても仕方のないことではある故に、余計に・・・ね(^^;



ぶっちゃけて言えば、やっぱり“松本零士”あってこその「ヤマト」だよなぁと、強く感じちゃう訳ですよ!
これがむしろ「さらば」以降ならまだしもってこともあるんだろうけど、なまじモノが、最も“松本零士色”が色濃い、最初の「宇宙戦艦ヤマト」故に、余計にね(^^;

確かに「ヤマト」に関しては、最初に企画があったものに、松本零士氏は後から関わってきたのは事実だし、他の作品と比べてみれば分かることだけど、厳密にいえば「ヤマト」と本来の松本零士作品との、肌触りみたいなものは、実はかなり違うんですよね。

余談ながら、私自身“松本零士作品”として、本当に好きなのは「ハーロック」でも「999」でもない、「男おいどん」とか「ザ・コクピット」「インセクト」「ガンフロンティア」辺りで、それらのものにこそ、松本零士の本質があると、今も信じてるんですが、要はそれくらい「ヤマト」と松本零士の世界ってのは、違うものだと思うんですよ。

しかし、それでも(かく言う私自身がそうであったように)「ヤマト」が松本零士への入り口になったという人間は、数多くいると思うし、少なくとも、ビジュアル面や世界観において、松本零士が関わらなければ、「ヤマト」の今に繋がるベースはなかったろうし、もしかしたら「ヤマト」が引き金になった、あの“アニメブーム”自体が起きなかったかもしれないとまで思うんですよ。

ご存知の方も多いだろうし、あまり気持ちのいい話ではないんで、敢えて割愛しますが(知りたい方は、ネットでご自身で調べれば分かると思うので)現在「ヤマト」に関しては、ある“大人の事情”で、松本零士氏は一切関わってはいけないことになってます。

それ自体は、法が下した判断だから、私がどうこう言う事ではないし、言うつもりもないんだけど、それにしたって、この「2199」にしても、以前公開された「復活編」にしても、更に言えば「2199」に関する特番まで、まるでそんな人間はいなかったかのように、松本零士の“ま”の字も出さない徹底ぶりってのは、少なくとも“いい感じ”はしないですよね(^^;

繰り返し言いますが、この「宇宙戦艦ヤマト2199」自体は、本当に想像以上の出来映えの、とても素晴らしい作品だと、それは間違いないと思います。

でも、それ故に・・・

作品の中に、そこはかとなく漂う、松本零士の“残像”とか、或いは“残り香”のようなものを見るにつけ、やっぱり「ヤマト」には松本零士あってこそって思いも、強くなってしまうのです。

いやこれが、実写版「ヤマト」にまでなると、最初からほぼ別物として割り切れる分、案外素直に楽しめちゃうんですねどね(異論はあるだろうけど、あの実写版は結構面白いですよ!)

どちらにせよ、ファンや、作品そのものにとっては、本来関係のないところでの、“大人の事情”で、作品を素直に楽しめないってのは、哀しいことですよね(^^;

誰が悪いとか、何が違うとか、そういうことでも、またありません。

宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]

バンダイビジュアル



1/500 宇宙戦艦ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2012-04-08 00:29 | アニメーション | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17398867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomoko at 2012-04-08 13:03 x
 見ました。とにかく、うわー、なんかオシャレ、という感じ。面白かったです。大人の事情って、仕方ないとは思うけどこういった夢を与えてくれる分野では悲しいですね。
 私がその美しさに心奪われたスターシャはあのスターシャしかありえないのに。でも、あの音楽が流れると無条件で「ああ、ヤマトだ」とうるうるしてしまいます。
Commented by yaskazu at 2012-04-08 20:18
>tomoko様
そうそう、オシャレに現代風にリファインされてるだけでなく、ホントによくできてるし、面白いんですよ(^^)

けど、そうであるが故に、本来作品やファンには関係ないはずの“大人の事情”っていうもので、ある種の“ケチ”がついちゃうのは、悲しいことですよね。

けど、確かに音楽はいいですよね!
宮川彬良氏は、ちゃんとお父上の意思を継いでいるなぁと、そこは素直にそう感じますね!
Commented by 村石太レディ at 2012-04-14 20:58 x
今 動画で マボロシの廃盤 宇宙船艦ヤマト イスカンダル 新コスモタイガー 白色彗星 さらば宇宙船艦ヤマトエンディング(途中からジュリーの歌) 実写のラブ ライブス 他 を 聞いています。音楽的に いいですよね。アニメのクラッシク音楽ですね。最高ですね。(探すの大変だったです。)音楽同好会(名前検討中
ヤマトは 1と2が 一番好きでした。アニメ同好会(名前検討中
キムタク カッコいいですね。
Commented by yaskazu at 2012-04-15 00:29
>村石太レディ様
ヤマトと言えば、音楽は切っても切り離せませんよね。
「ヤマト2199」の音楽は、宮川泰氏のご子息の宮川彬良氏が、オリジナルのイメージそのままでありながらの、素敵な楽曲を書かれていて、素晴らしいと思います。
<< やっと・・・ 魔戒閃騎・終章 >>