つわもの
まいどおなじみ、宇宙船。

f0124763_20315370.jpg


今号も、記事的にはいつもと同様で、特筆すべきものはあまり見当たりませんでした(^^;

表紙は、ご覧のように今回も麻宮騎亜氏の書き下ろしイラストで、お題はもうじき公開の映画「スーパーヒーロー大戦」
麻宮氏いわく、ディケイドの顔の複雑な構成に「おのれディケイド〜!」だったそうな(笑)

今や恒例となった、ヒーローの最新のスーツを詳細な写真で紹介する、冒頭の“ディティール・オブ・ヒーロー”は、仮面ライダーフォーゼの最終形態“コズミックステイツ”で、マスクや手足の各所のアップ、武器の三面写真等や、それらに対する詳細な解説(劇中の設定とかではなく、どんな素材で出来てて、重さはどうとかの、実際の造形物としてのの解説)で、これに関しては毎度ながら、他紙の追随を許さない、文字通り模型誌メインの出版社らしい記事で、自分的には毎回楽しみにしてるとこではあります。

他には・・・



今回は、春の号恒例の別冊付録「イヤーブック」付きで、前年度〜今年度春の作品の、デザイン画や放送データなどが詳しく掲載されていて、資料価値としては結構高いので、もうこれだけを出したらいいんじゃないかと・・・・なんて言ってたら、朝日ソノラマ倒産で、一度本当にこれだけしか出なかった時期があるから、めったな事は言うもんじゃない(^^;

ただ、これがついてる分、ただでさえ高いと感じる定価に、更に300円加算され、1,800円もするのは、さすがにどうにかならんなとは思います。

まぁ、今回に関しては、先日の班長会で謝礼代わりにもらった、町内のスーパーの商品券をさっそく使わせてもらい、実質800円で買ったんですが・・・(^^;

あと巻末には「つわものどもに捧ぐ哀悼」と題された、去年の暮れから今年の初めにかけて、立て続けに鬼籍に入られてしまった、特撮関係者の方々への追悼特集が掲載されていました。

こうして見ると、本当になんでこうも続けて、沢山の方が一気に旅立ってしまわれたのかと、改めて失ったものの大きさに、胸が悼みます・・・

改めて、私たちに多くの夢や希望を見せていただいた先人の方達に、あちらの世界での安らかな暮らしを、祈るばかりです。


宇宙船vol.136 (ホビージャパンMOOK 440)

ホビージャパン


[PR]
by yaskazu | 2012-04-01 20:35 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17374749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 銷沈 会合 >>