大いなるハイキック
最初に謝ります。
先週「ゴーカイ」の48話を、別枠立てて感想書きたいとか書きましたが、ちょっと無理っぽいです(^^;

最近は気持ちや時間はあっても、どうにも上手く回せなかったり、体力や集中力が持続しないようになってしまい、長文の感想書けなくなってしまい、やっぱトシなのかなぁと・・・(認めたくないんですが(^^;)

そんな訳で、ここはワタクシめの地面を割る勢いの土下座でご勘弁って事で・・・

il<(_ _)>liシ!

ダラダラ(流血)

ともあれ、今週分のスーパーヒーロータイムの感想を、軽く。



ゴーカイジャー
バスコに無理矢理奪われたスーパー戦隊の大いなる力も、御本人達登場で晴れて皆伝に。

さすがに皆さん、年くったなぁとは正直思うけど、例え短いシーンとは言え、ああしてオリジナルの役者さんが、この「ゴーカイジャー」という“お祭り”作品に、快く参加してくださったというだけで、落涙ものです。

今回は、バルイーグル@飛葉高之=五代高之氏を筆頭に、一挙に5人のオリジナルの役者さんの出演が叶った訳ですが、次回では「ジュウレンジャー」より、マンモスレンジャー@ゴウキ役の右門青寿さんが登場ということで、これで今まで放送された戦隊シリーズ全作品から、劇場版とTVシリーズを合わせて、最低1人はオリジナルの役者さんの出演されたことになるそうです。

これは同じような“レジェンド”的要素を持つ「仮面ライダーディケイド」は勿論のこと、「ウルトラマンメビウス」でも成し得なかったことですから、快挙と言っていいでしょうね。

その中には「ギンガマン」編のリョウマ=前原一輝氏のように、現在は芸能界から身を引いてる人までが、この作品限定で一時的に役者復帰し、かつての役柄を演じた後に、また一般人に戻られたという人までいて、それだけでも役者さん達の“戦隊物”に対する“思い”のようなものが感じられるし、「ゴーカイジャー」が如何に恵まれた作品かということも示しているようです。

更に、最終回にはアカレンジャー@海城剛=誠直也氏や、ゴーグリーン@巽ショウ=原田篤氏も登場、更に、マジレンから山崎さんとか、ゴセイから天知博士とか、サブキャラまでもがオリジナルの役柄と役者さんで登場という、ホントに文字通り“レジェンド”作品として、完成しつつあります。

そして、遂に手にした“宇宙最大のお宝”、巷では“トライフォース”なんて言われてるようですが・・・・

うん、そうだと思う(笑)

ただ、それを手に入れた者が、全宇宙の歴史を自分達の望む世界に、好きなように作り替えられるという、一見素晴らしいようでいて、実はそれは本当はとてつもなく恐ろしいことではないのかと言う疑問。

作中では、その代償として全てのスーパー戦隊の力と存在が、最初から“無かった事”となるというカタチで示されてますが、宇宙的規模で歴史を変えるという事は、その分、本来存在した筈の、天文学的な数の命を消す事にもなる訳ですからね。

いやぁ、自分は“宇宙最大のお宝”は、共に戦った仲間達との絆みたいな、戦隊物的な“落としどころ”に落ち着くと思ってたんで、予想外にハードな展開になって、少々驚いています。

そしてこれは、奇しくもバスコとの因縁のキーワードともなった“何かを得るためには何かを捨てなきゃ”にも通じる訳で、正に「海賊戦隊ゴーカイジャー」という作品の、根幹のテーマにかかってくる訳です。

その答えは・・・

やっぱり
「欲しいものは、全部この手で掴みとる!、それが海賊ってもんだろ!」
ここに落ち着くと信じてますが、そこにどうやって至るかが、ラスト2本の肝になるのでしょうね。

その分、インサーン様の最期が、割り食っちゃったのは、ちょっと残念かな?(^^;

しかし、トリィがまさか、言葉通り“まんま扉”になるとは(wwwwww


仮面ライダーフォーゼ
こちらは、ストーリー的に大きな流れはないものの、その分と言っていいのかどうかは分かりませんが、相変わらず“ネタ”満載で、面白おかしく仕上がってます(笑)

今や特撮物では、主におやぢ達のアイドル(笑)となった“長澤奈央”さんがゲスト。
元々長澤奈央さんは「ハリケンジャー」以来、アクションの出来る女優さんだから、吹き替えなしで見せるあのハイキックは、キレといい角度といい、正に“本物”
ちょっと“感じの悪い”宇津木先生ですが、貴方にならそのハイキックで思いっきり蹴られたいです(マテ

そして、始まる前に終わってしまった大杉先生、哀れ(wwww

進路相談でコスプレするユウキとか、将来の目標は“一直線”とか(それに対する宇津木先生の「曲がり角に気をつけてね」)とか、「また馬面か」とか、「宇宙キ・・・」不発とか、クローモジュールで「セイヤー!、なんてな」とか、弦ちゃんの“リーゼントセンサー”とか、大文字先輩の止まらないネタキャラ化とか、この辺りの細かい“小ネタ”は、あげてったらキリがないな(^^;

宇津木先生=ペガサスゾディアーツは、予告共々ミスリードの可能性は高いと思うんだけど、キックで食えないから先生やってる、けど教師なんて辞めたい(やる気ない)って辺りの、どちらに対しても半端な気持ちって辺りが、彼女を“ああいう人間”にしてる面は大きいと思う。

そこを、どう落としていくかって辺りが、この回のテーマであり、ポイントとなると思われます。

果たして、如何に?

ところで、キックのスパーリング相手、“中村浩二”さんですよね?
最近、よく顔出しで出られてて、ファンとしては嬉しい限りですが、またウルトラの(勿論、東映物でもいい)スーアクとして、活躍してくれないかな?
個人的には、岡元次郎さんと“マッスル対決”とか、やってほしい(笑)

スーパーロボット超合金 ゴーカイオー

バンダイ



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ

バンダイ


[PR]
by yaskazu | 2012-02-07 00:21 | 特撮 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17166301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つる at 2012-02-07 09:37 x
忍者を始め、金魚といい、透明人間といい、そして今回のキックボクサーといい、長澤奈央さんは着々と特撮女優の道を歩んでいますね。因みに僕は、カノンの長澤さんが好みです。

宇宙最大のお宝…なんだか、某漫画のアイテムに過ぎないのは、僕だけでしょうかね。
Commented by yaskazu at 2012-02-07 21:05
>つる様
イケチヨ姐さん、いいですよね(^^)

「ハリケン」の七海の頃は、まだ少女の面影を残してましたが、今やスッカリ素敵な“お姉さん”になられました。

でも、なんと言っても彼女は、自ら公言するくらい特撮作品が好きで、自分から積極的に出演を願い出るほどってのは、本当に嬉しいですよね。

まさに特ヲタおやぢ達のアイドルだと思います♪

>>某漫画のアイテム
七つ揃えて、今年の干支のナニを呼び出すアレですね?(笑)

そんな都合のいいものを、あの海賊達が喜んで使うようには思えないのですが、そこらをどう落とすのかも、ラストの見所でしょうね。
<< 冥界からの便り 予感 >>