黄金騎士
f0124763_2228236.jpg

今年最初のオモチャネタは、牙狼で。

とは言っても、これは最新商品の“魔戒可動”ではなく、その原型になった“イプロッププロック”の方。
実は、数年前に近所のトイザらスのワゴンセールで、“1,000円”で入手したものです。

その頃の当ブログでも、軽く紹介してはいるのですが、その時は写真とかも少なくて、あまりちゃんと書いてないんですよね。

それを年末の掃除の時に引っ張り出したんで、現在テレビの新シリーズが放送されてる事もあり、何点か写真撮ってみようと思って。

とは言っても、もともと商品コンセプトが可動を重視した造りにはなっていないため、イマイチ“決まった”ポーズがつけにくいのは難点で、下手すると固定ポーズの方がまだ写真の撮りようがあったりします(^^;

ま、そういうこともあって“魔戒可動”が作られたんでしょうけど、あっちはまだ値段下がらないし、今の所は購入の予定ありません。

f0124763_22283067.jpg

牙狼剣は鞘付きで、金属製の剣がちゃんと収まるってのは、この商品のいい所のひとつ。
これは、同梱の“冴島鋼牙”の魔戒剣も同じで、双方とてもよくできています。

ただ、今回は鋼牙関連は写真撮ってません。
理由は、この商品は鋼牙のボディパーツに牙狼の鎧を被せていく造りになってるんですが、正直それがかなり厄介(^^;

まず、鋼牙の両手両足、生首を外し、牙狼用の首のジョイントパーツをつけて、胸と腰の鎧パーツをつけ、牙狼用の手足と頭を付ける(これが、結構固かったり、その割には外れ易かったり)

マントはオプションなんで、付け外しは自由なんですが、これも結構面倒。
一度牙狼にしてしまうと、鋼牙の手足と生首は余ってしまい、まるでホラーに食われたような状態になってしまいます(^^;

元に戻すのもそれなりに面倒だし、この商品って鋼牙の象徴とも言えるあの“白いコート”が付いてない上、正直「誰?」ってくらい似てない(^▽^:

そんな訳で、鋼牙は今回は見送りました。
ご容赦・・・・

では、他の写真を幾つか。




f0124763_22284066.jpg

後ろ姿はこんな感じ。
マントは柔軟素材で出来てはいますが、動きません(^^;

これはこれでいい感じなんですが、芯とかが入ってたら、角度弄ったり、“なびかせたり”できて、よかったんですけどね(コスト的にも技術的にも無理か(^^;)

f0124763_22284899.jpg

写真は撮りませんでしたが、左手の甲にはちゃんとザルバさんがいます(笑)
あの、剣を甲に走らせるポーズも、一応は再現できます。

あの時、ザルバさんは文句言わないけど、痛くないのかね?

f0124763_2228559.jpg

そのザルバさんも、1/1でスタンド付きで付いてます。
指輪としては使えませんが、雰囲気はかなりいい感じで味わえます。

f0124763_2229496.jpg

そんな訳で、なにを今更なイプロッププロックの牙狼でした(^^)
[PR]
by yaskazu | 2012-01-19 22:37 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/17094292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 吸血パンダ 手本 >>