よく考えたら・・・
橋下徹氏が大阪府知事を辞職し、大阪市長に鞍替え出馬し、自身の目標である大阪都構想を実現に向かわせる策に、遂に打って出ました。

・・・と書いても、多分大阪以外の都道府県の皆様には、イマイチよく解らないというか、ピンとこない話でしょうね。

なんたって当の大阪府民や大阪市民ですらよく解ってないだろうから(^^;

いや、かく言う私もなんかよく解んないです(苦笑)



ただ、橋下氏が本気で大阪の改革を考えてる事だけは確かだと思うし、大阪都構想というのが本当に大阪のために良いのかとか、その是非は正直今の段階では判断できないけど、例えるなら互いに本家と宗家の看板掲げる老舗の饅頭屋が隣同士で歪みあってるような、現在の大阪府と大阪市の二重行政は、確かに解消しなきゃならない。

これは某やしきたかじん氏の受け売りですが、今の大阪はもはや死に面した病に冒されてるのと同じで、放っておけば確実に死ぬ。

そのための治療法として、薬の投与等の緩い治療で延命する方法をとろうとしてるのが、平松現大阪市長で、リスクは高いけど思い切った手術を施して一気に治癒に持ち込もうとしてるのが、橋下氏。

あくまで私個人の考えとしては、橋下氏のそれに近い。
それがいい目になるか悪い目になるかは分からないけれど、それを言ってしまったらそもそも選挙なんて出来ないですからね。

そんな訳で、11月の市長と知事のダブル選挙、私の腹は概ね決まってはいたのですが、ふとここで重大な事に気づきました。

よく考えたらわし、寝屋川市民だから大阪市長選には投票できないじゃないか!!(^^;

まぁ、府知事選の方には投票できるから、そっちの方は・・・・まぁ、それはその時にまたという事で。
[PR]
by yaskazu | 2011-10-22 23:57 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/16723541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 27度 まずまず・・・か? >>