てんやわんや
結局、修理を断念して、修理と同等の値段の新品のデジカメを購入。
値段的には安いけど、性能的には(少なくともこれまで使ってた7年前のモデルよりは)十分すぎるくらいで、自分のような使い方をする分には全く無問題。

前のカメラを下取りしてもらっても、結局メディア1枚分位の差額しか出ないので、今のところレンズの蓋が閉まらないだけなので、それはそれでそのまま持っておく事に。
例えスペックは低くとも、愛着がある物は例え壊れてても捨てられない性分なんですよ(だから部屋が倉庫状態になるんだが(^^;)

最大の問題だった記録メディアも、これまでのxDカードは、前のカメラをリーダーとして使うことで解決できそうなので、これを機にSDカードに切り替える事に。

そして、新しいカメラを一通り動作を確認したところ、順調に作動。

ところが、新たな問題が発覚。

それは・・・



パソコンに繋いだところ、パソコンがカメラを認識しないんですよ!

一応、パッケージには動作環境としてちゃんと(自分の使ってる)MacOS 10.4は明記されてるのですが、カメラを繋いでもデスクトップにアイコンが現れないんですね。

それ以外にも、BRレコーダーに繋いで表示させようとしても、やはり認識しない。
プリンターに繋ぐと、カメラ側からの操作では印刷できるけど、プリンター側からの操作は受け付けない。

ネットで調べても、なにかイマイチよく分からなかったので、次の日カメラを買ったショップに持ち込んで相談。
ショップの人は色々親切に対応してくれて、メーカーのサポートにに電話して訊いてくれたりもしたのだけど、直接ユーザーの環境で操作しながらでないとよく分からないと突っぱねられてしまったということで、結局帰宅してから改めてサポートに直接電話。

すると、どうやらこの製品のUSBの規格が、PTP方式と言って、一部のBRレコーダーには対応していない事や、パソコンに繋いでもデスクトップにアイコンが現れず、編集ソフト等で読み込む仕様だということが判明。

で、サポートの姉ぇちゃんの言う通りに操作して、やっと問題解決かと思いきや・・・

やっぱり認識しませんorz

そもそも、付属の編集ソフトはカメラを繋いだ時に自動で立ち上がる設定にしてインストールしたんだから、それが動かないって時点で変なんですよね。

パソコン側の不具合の可能性もあるけど、他のUSB機器はどれも正常に認識するから、ハードウェアの故障は考え難い。
ならばドライバの問題かとも思ったけど、名目上はOSに標準インストールのドライバで動くと言う事で、メーカー側も特別に用意してない様子。

なら、OSのドライバが壊れてるのかと思い、外付けHDDのバックアップ用のOSから立ち上げても、やっぱりダメ。

サポートのお姉ぇちゃん、今度はWindowsマシンで試せと言ってきたので、持ってないと言うと、遂には買ったショップに持ち込んでショップのWindowsマシンで試せないかとまで言い出しましたよ(^^;

で、実はプリンターの動作もなんか変というと、半ばキレ気味になりながらもやっと「点検するから送ってください」とのこと。

そんなところで逆ギレみたいに言われても困るし、ここまで言わんとその言葉が出んのかとは正直思ったけど、こっちまで釣られて切れてたら、纏まる話も纏まらないので、ここは努めて冷静を装いながら、じゃあお願いしますと言うことに。

でも、もう少し早く言ってくれたら、お互いに気持ちよく話が済ませられるんだし、もしそれで初期不良等の問題がなかったとしても、そこで初めてこっちも次の対策とか考えられるんだからね。

一応、カードを直接プリンタに挿してみたところ、パソコン側でもちゃんと認識したので、万が一の場合は、リーダーを購入して対応するって手もあるしね(今リーダー安いもんね)

デジタル機器って、例えOSの動作環境が合ってても、単純にハードウェア同士の相性って場合も結構あるから、一概に言えない事は分かってるけど、だからこそ双方をちゃんと検証しないと、本当の問題可決にならないんですよね。

そんな訳で、今日改めて購入ショップを通じて、メーカー側に点検に出しました。
それが済んでモノが返ってきてから、改めて報告するつもりです。

そんなことで、ここ2〜3日はてんやわんやで過ぎてしまいました(^^;
[PR]
by yaskazu | 2011-09-25 23:51 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/16603464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< MAKAISENKI そうは言いつつ・・・ >>