終わらない、始まらない
9.11から10年、3.11から半年。

今日はそういう日だそうですが、確かにひとつの節目として心にとどめておく日ではあるでしょう。

けど、それで終わらしちゃ意味がないですよね。



9.11は、10年を経た今でも、根本的な部分では解決していないし、多分この先も終わりが見える事はない。
仮に政治的決着をみたとしても、双方の心に刻まれた遺恨は、決して永劫に消える事はない。

でも、いつかは終らせなきゃいけない事でもある。

一方の3.11の方は、あれから半年経ってるというのに、まだ本格的な復興対策が始まってすらいないのは、もはや失策なんてもんじゃ済まない、異常事態ですよ。

こっちの方は、いつか始めるではなく、今この瞬間から問答無用で始めなきゃならない事。

こういう言い方は語弊があるのを承知で敢えて言えば、9.11の時にアメリカが速攻で行った報復攻撃の時と同じくらい、いやそれ以上のスピードで始めるべき事の筈なのに、政府が今やってる事と来たら、新内閣発足直後なのに、また、また・・・

もう、怒りも呆れも幻滅も通り越して、諦める事すらバカバカしくなってきます。

語弊、と言う事で言えば、例の「死の町」発言ですが、あれもよくよく聞いてみると、前後の文脈や真意をスッ飛ばして、発言の一節だけを切り取って拡大解釈した結果、言葉だけが一人歩きしちゃったってのが真相なようですね。

確かに、政治家たるもの、そういういらん揚げ足取りや突っ込みを避けるような、細心の注意をはらった発言を心掛けるべきではあります。

けどね、だからと言って、こんなにいちいち政治家さんの発言を、意図的に曲解したような報道や、それに乗ってバカ騒ぎする国民やネットユーザーとかも、日本の政治が、復興が、立ち行かない原因を作ってるのも否めないですよね。

来年の今日は、少しは9.11は終わりに近づいてるでしょうか?
3.11は、ちゃんと復興政策が始まってるでしょうか?

・・・・・なんか、どっちも今のまんまな気がする(^^;
[PR]
by yaskazu | 2011-09-11 23:49 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/16541759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< salt Black wing slee... >>