テ、テ・・・
滝口順平さんが急逝されたという話。

自分としては,もうこの類いの話題は積極的には扱わないでおこうと思ってるのですが、この方の場合は、やはり多少なりとも触れておこうかと・・・



世間的には“ドクロベエ様”が代表作になるんだろうけど、自分的に滝口さんのお仕事で印象深いのは「宇宙の騎士テッカマン」の、“ランボス”なんです。

姑息で、残忍で、でも何故か哀れで憎みきれない。
そういう意味では、同じタツノコ作品の「ガッチャマン」のベルクカッツェとある種通じるものを持つ、名悪役。

テッカマンが登場するやいなや、毎度のごとく
「テ、テ、テッカマン!」
とビビったり、作戦が失敗して“ドブライ様”にお仕置されて
「お許しください、ドブライさーまーー!!」
と、情けない声と姿で許しを乞う姿。
もう、大好きでした(^^)

お気づきかと思いますが、実は“ドクロベエ様”が3悪人にやってた事、実は「テッカマン」では滝口さんの方が“やられる”側の役だったんですよね。
そう考えると、なかなか面白いものを感じます。

あと「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌の、滝口順平バージョンというのも存在するのですが、これがオリジナルの熊倉一雄バージョン以上に“ノリノリ”で、違った味わいのある仕上がりになっていて、これも凄く印象に残ってます。

本当に,ごく最近までご活躍されていたのに、旅立たれる時は突然に・・・なんて話が,最近は頓に多い気がします。

寂しい事ですねぇ・・・

ごゆっくりと、お休みください。
[PR]
by yaskazu | 2011-08-30 23:37 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/16488243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 西へ西へ 鬼が笑う >>