我の名はオオマヒト
プレックス製、ソフビフィギュア「大魔神カノン」の“ブジンサマ”のレビュー、いってみたいと思います。

今回、自分でも少し驚くほど写真もコメントも多めになってますが、おつきあい願えれば幸いです。

f0124763_2042087.jpg

全身はこんな感じ。
ディティールはかなり精密に作り込まれていて、造形バランスも良いと思います。

特筆すべきは“塗装”で、各所の質感に合わせてかなり綿密に塗り分けられている上、シャドウなどもエアブラシでしっかり吹かれていて、かなり凝ったものになってます。

写真だと(調整はしてますが)どうしてもテカリが出てしまうので、分かり辛いかもしれませんが、全体はフラットベースがかなり多めに入ったような“つや消し”塗装で、手に持つと“ザラつき”を感じるほどです。

f0124763_2055977.jpg

反対側。
実物のスーツと比べると多少ズングリした感じかな?
本編のブジンサマは“伊藤慎”さんが演じられてますが、このフィギュアはどちらかというと“岡元次郎”さん的イメージかな?(て、またそんな分かる人が限られる例えを・・・(^^;)
ブジンサマの“逞しさ”をこのサイズで表現するには、この方が良かったのかもしれません。

f0124763_2065110.jpg

背面。
“腰蓑”の綱の“結び目”部分の造形も、かなり細かく作り込まれてます。
コレ、よくソフビで“抜けた”な・・・

人間の悪意に傷ついたブジンサマの“哀しさ”が漂っているようです。

f0124763_2074919.jpg

バストショット。
頭部の象形文字や筋彫りのディティールも上手く再現されてます。

よく見ると、頭部と身体では同じグリーンでも色調が少し違う事に気づきます。
頭部はメタリックな青銅色で、身体の方はシルバー系を混ぜたモスグリーンといった感じ。

おそらくこれは、ブジンサマが“銅鐸”の転成したオンバケってところに由来してるのだと思いますが、こだわってますねぇ(^^;

以降、更に詳しく・・・



f0124763_20101668.jpg

本家“大魔神”アラカツマ様のリボルテックとツーショット。
サイズ的にはリボルテックの倍くらいってところかな?

f0124763_20105782.jpg

リボルテックの武神像顔バージョンと。
先日の記事にも書きましたが、「カノン」の“ブジンサマ”は“武神様”ではなく“奉臣様”と書きます。

初期設定では“奉臣様”の顔の下にも“武神様”のような“怒りの顔”(或いは悲しみの顔)があったようなのですが、本編中には登場しませんでした。

“アラカツマ様”が“怒り”をもって人間に死罰を下す“大魔神”だったのに対し、この“オオマヒト”さんは、慈愛を持って悪霊を浄化、成仏させる“大真心”であるから・・・なのでしょうが、最終回でカノンの歌によって人間への不信や怒りが晴れたブジンサマには、怒りの顔は必要ないからとも解釈できます。

f0124763_2012926.jpg

劇中の設定では、ブジンサマは全長20メートルなのに対し、本家のアラカツマ様は4.5メートルだから、実際に並んだらこれくらい(以上)の差がある事になりますね(ちっこいな・・・(^^;)

f0124763_2013179.jpg

ちっこくて悪かったな!

因みにこのちっこい魔神様は、20年以上前の海洋堂のGKで、いわゆる“SD”の先駆けみたいなもんですな。

f0124763_20143769.jpg

前出のように、ブジンサマは設定20メートルで、このフィギュアは22センチですから、スケール的には概ね1/90ってところ。
1/100のガンプラよりちょっと大きめですね

「イパダダよ、我の歌を聞いてくれ・・・き〜み〜のこ〜え〜と〜♪」
「ええい戯れ言を、連邦のモビルスーツは化け物か!、てか、なんで歌ってんだよ!」

f0124763_20153223.jpg

アクションフィギュアではないので、可動範囲はこの程度。
ま、ブジンサマのキャラクター的には、あまり派手なアクションは似合わなさそうなので、これでいいのかも知れません。
隣は“マジン”繋がりって事で。

因みに“ロケットパンチ”は飛びません(笑)

f0124763_2017315.jpg

なにげに凄いのがこの“腰蓑”のディティール。
造形もさることながら、綱の部分と防具の部分がしっかり“色分け”されていて、それは防具の部分に掛かっている綱にも及んでいます。
細かい!

f0124763_2018327.jpg

それだけに、その中味が“コレ”なのはちょっと残念。
最近はこういうフィギュアはスカートの中もしっかり造形してあるのが通例なのに・・・

いや、別にブジンサマのスカート覗いて喜ぶシュミはありませんがね(^^;

ちなみにこの腰蓑は、その昔ブジンサマを慕った村人達がみんなで作った物で、それまではなんと“素っ裸”だったそうで、その姿が“あまりにもあんまり”だったからという裏設定があるそうです。

更にその裏設定には、そのブジンサマの巨大な“アレ”が、各地に伝わる“ナニ”を象った“御神体”を祭る“奇祭”の源流になっているというオマケまであるらしく、もっと他のところで凝れよ高寺Pと、突っ込んでみたり(笑)

まぁ、確かにこのフィギュアの腰蓑が別パーツになってて、外したらブジンサマのご立派な“御神体”が鎮座されていても、それはそれで“ありがた迷惑”でしかありませんが・・・(^^:

ということで、ブジンサマのフィギュアのレビューでした。

・・・・って、結局最後は“下ネタ”かい、わし(^▽^;

『大魔神 カノン』 彩色済ソフビフィギュア ブジンサマ

プレックス



特撮リボルテック SERIES No.002 大魔神 (だいまじん)

海洋堂



1/100 MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0

バンダイ



ベストメカコレクション マジンガーZ

バンダイ



海洋堂のチビ魔人以外の、今回使用したアイテムを張ってみました。
[PR]
by yaskazu | 2011-08-05 20:38 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/16376471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 三昧 奉臣様 >>