帰ってくれない
元々夢はよく見る方だけど、このところ寝苦しい日が続いたり、元々のプチ睡眠障害とか、自覚してないストレスとかが重なってるせいか、15年以上前の、今は無縁な上司から手ひどく怒られる夢とか、20人くらいに取り囲まれて、陰湿ないじめを受けてる夢とか、そういう“うなされそうな”夢を、見る頻度が高くなってきてる。

まぁ、大抵は目が覚めると、具体的にどんな夢だったか忘れてしまうし、日常にその“うなされそう”だった事の糸を引いたりはしないんですが、たまにもの凄く印象に残る、鮮明に覚えてる夢っていうのもあったりして、そういうのは本当に“意味不明”だったり、異常なまでに恐かったりして、後々まで気になってしょうがない、なんて事もあります。

先日見たのはまさにそういう夢。
もう1週間くらい経つのに、いまだに忘れられないので、ここで書いちゃう事で、切り離せればなと思い、記してみようと思います。



内容的は完全なホラーなんですが、あとで考えるとビミョ〜にギャグだったりで、その辺りの意味不明ぶりも、正に夢の夢たる所以。

チャイムがなって、玄関に出てみると、小学校低学年くらいの女の子が立っている。
この玄関というか、家の中も、幼少の頃から今まで移り住んできた家が、幾つも複合したような“あり得ない”作りになってるんですが、実際夢見てるときは、それを不思議に思わないんですよね。

で、その女の子は、ビジュアル的には昭和初期の頃の子供の出で立ちでおかっぱ頭に白いブラウスに黒っぽい“吊りスカート”を履いていて、なんか“ワカメちゃん”を実写化したようなイメージ。

ところがこの子、よく見ると体が半分透けていて、向こうの風景が見えてるんですよ。
そして、全体がぼんやりと“もや”がかかったように、ぼ〜っと光ってる。
イメージ的には「ウルトラQ」の“悪魔ッ子”みたいな感じ。

ハイ、もうこの時点で相当に“恐怖”です(^^;

更に、顔はイマイチ判別不明なのに、目だけはやたらハッキリしていて、しかも白目をむいてる・・・というよりは、“黒目がない”状態で、その上まるで青色LEDが入ってるように、その目だけが無機的というか、機械的にまぶしく発光している。

そして、顔が分からない割には常に白い歯を剥き出して“笑ってる”のだけはやたらハッキリと見えて、その子が何かを欲しいと言ってせがんでるのは分かるんだけど、なにを欲しがってるのかも分からなければ、第一声は全く聞こえてこない。

いくら夢の中とはいえ、さすがに気持ち悪くなったので、なにもあげられるものは無いから悪いけど帰ってほしいと言っても、ズ〜ッと笑ったままで一向に帰ってくれない。

仕方が無いので、ゴメンねといってその子を玄関から追い出して、引き戸の扉を閉めようとしたら、その子は何故か「サンバルカン」のバルシャークの名乗りポーズみたいなポーズで、足を垂直に突き出して扉を止めてしまうんですよ。

f0124763_23563639.jpg


こんなポーズ(笑)

こっちがちょっとビビッてひるんだところに、クルンと体を起こしたその子は、下から覗き込むように私の顔に自分の顔を近づけてきて、ニヤ〜〜〜〜っと笑った時に、その目がますます眩しく、光り輝いて・・・・

ってところで目が覚めたんですが、バルシャークのポーズのくだりはギャグではあるんですが、全体的には非常に恐ろしい夢で、しかもなんであんな夢見ちゃったのか、全く思い当たるふしはないんですよね。

ホント、いったいなんだったんでしょうね、アレ?(^^;
[PR]
by yaskazu | 2011-06-09 23:54 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/16105353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 踊る 中休み >>