現実見ろと言うのなら・・・
もはやspamメールなんぞは、機械的に即削除というのが日課になっていて、内容すら見ずに捨ててしまうのが殆ど。
しかし、今日届いたものには思わずマウスを動かす手が止まりました。

タイトルが「震災で儲ける」云々といったもので、つまりはこの震災をビジネスチャンスに変えようとかいう、投資系の詐欺メールでした。

久々に年甲斐もなくブチ切れました(怒)

確かに、復興にはお金がかかるし、そこにビジネスチャンスがあるのは確かです。
奇麗事でもなんでもなく、そこから目をそらしてしまったら復興そのものが成り立ちません。

しかし、そこに付け込んだ・・・恐らくは面白半分であろうこういうメールを、不特定多数に送りつける行為など、人として決して許す事はできません。

本来ならブログ上に曝すとか、通報するとかすべきところだけど、感情が先走って速攻削除してしまい、あとで「しまった」と思った次第(^^;

ネット上に蔓延してるデマメールや出鱈目な情報もそうですが、こんなの流して面白がってる連中は、直接乗り込んでいって1発ブン殴ってやらないと気が済まないって思うけど、そんな事したってなんの意味もないのも十分に判ってるし、故に悲しい気分になってきて・・・



今回の震災に限った事ではないけれど、災害や事件でネット上で色んな議論が交わされる中、必ず出てくるキーワードが“現実見ろよ”という類いのもの。

ならば訊きたい・・・現実見るって、どういうことですか?

そういえば、この震災で亡くなった方達の遺体安置所で、まだお棺にも入ってない状態のご遺体と、そこから家族の姿を捜すご遺族の写真を載せ、“これが現実”と謳ってるサイトを見かけました。

確かに、それも現実なのかもしれないけど、でもそれは被災者の人達にとっての現実であって、それをネットで見ている人間にとっての現実ではありません。
自分に振りかぶらないもの、自分が代替わりできないものに対し、それを現実だといって公開する事は、冒頭に書いた詐欺メール送ってきたヤツらと、なんら変わらない行為ではないのか?

そしてそれを、偶然とは言え見てしまい、ほんの僅かでも同意してしまった自分も、同罪ではないのか?

どれだけ刺激的な画像や映像、分かったような屁理屈を並べ立てたところで、それが自分にとっての現実でない以上は、なんの意味も持ちません。

下に紹介するのは、医療チームとして被災地に派遣された、ある看護師さんが、その日々を記されたブログです。

JKTS

坦々綴られた文章から、現実を見ること、現実に関わることの意味のようなものを考えさせられ、何度も泣きそうになりました。

現実見ろって言葉は、その現実を本当に見たもの、関わり続ける覚悟のあるものにこそ、許される言葉なのではないでしょうか?
[PR]
by yaskazu | 2011-03-28 23:41 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15727567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< きゃぴきゃぴ またもや・・・ >>