無力だけど・・・
阪神の時に感じた事をもうひとつ。

近隣の都市の災害だっただけに、自分に何か出来ないか、ボランティアに行くべきだろうか、そこまでせずとも、協力できる事はないか、色々考えて悩んだものです。

でもね、結局シロウトがその場の感情に任せて、スキルもないのに余計な事したところで、却って迷惑になるだけだし、大阪もそれなりに被害も影響も大きかったけど、少なくとも自分のその頃の会社や仕事には特に影響はなかったし、自分の生活にも何ら問題はなかった。

その事に、逆に後ろめたさや罪悪感のようなものも感じたし、自分の無力さを徹底的に思い知らされたりもしたものです。

結局気づいたのは、自分は自分の生活を続けるしかないこと。
募金することくらいしか、出来ることはないってこと。

せめて、心で応援することくらいしか、出来ないってことでした。



今日コンビニに行ったとき、被災地に送る物資を優先させるため、入荷数を通常より減らして、その分を回してるってことでした。

東京の方ですら、品薄でコンビニの棚もガラガラということ。
目的の品物が買えるだけ、大阪はまだ恵まれてるということです。

そのことに感謝して、被災地の方達に1日も早い心の平穏の来ることを、心より願っています。
[PR]
by yaskazu | 2011-03-15 00:08 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15661828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 揺れました 伝えるべきこと >>