伝えるべきこと
不謹慎と言われることを承知で、敢えて言おう。

不安や興味本位を煽るような報道を24時間ぶっ通しで流すくらいなら、通常番組やお笑い番組流してた方が遥かにマシだ。



自分のことばかり言うようで恐縮だけど、阪神大震災の時、自分が馴染んだ街並や風景の、信じられない悲惨な様子をテレビで執拗に流されたのを見て、直接の被災者でないにも拘わらず、精神的に参ってしまって、3日程寝込んだ・・・ってのは、ここでも何度か書いたはず。

少し補足すると、あの震災のあったほんの少し前、実は神戸の三宮に遊びに行ったばかりでした。
その三宮の大変な状況をテレビで目の当たりにした時、もはや思考が停止しましたよ。

ついこの前歩いたばかりのアーケードの屋根が崩落してる、ついこの前この目で見た街並が、それこそ怪獣の襲撃を受けたような様相を成している、ついこの前中に居たビルが崩れ、倒れてる・・・

あの瓦礫の中で、潰され、ひき肉みたいになってる自分自身の姿を想像するなと言う方がムリ。
そんな映像を何度も見せられたら・・・もう気持悪くなっちゃって。

自分はまだ、そこで寝込んで終われるから本当に幸せ。
けど、本当の被災者の人は、その現実から逃げられないで、日々連綿と続いて行く訳で、そういう人たちにそんな悲惨な状況を次々と見せつけていくのは、あまりにも酷なことではないのか?

精神的に極限まで追い詰められてる人間にとって・・・特にメンタル面の弱い人間や、子供、高齢者には、むしろ安らぎや笑いなんじゃないかと思うのですよ。

こんな時・・・だからこそ、バカ話や笑いが必要なんじゃないかな?

被災者にとって本当に必用なのは、生活や物資、金品に関する情報です。
避難所にいる人、まだ路頭に迷ってる人は、次にどう行動し、どこに行けばいいのか。
離れた家族の安否は、どうすれば確認できるのか。

報道は、そういう本当に必用な情報を、確実に、的確に、迅速に伝えていくべき。
そして、その心を少しでも和らげるため、通常番組もちゃんと放送すべきです。

それは決して不謹慎なことではないと、自分は思います。
[PR]
by yaskazu | 2011-03-13 23:52 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15656829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by つる at 2011-03-14 12:10 x
つるです。その後の容態はどうですか?私もその気持ちはわかります。何度も繰り返し惨劇な映像を見てるだけで、私もトラウマになってしまうかと思います。状況を知るのも大切ですが、今何を伝えるべきか重要だと思います。停電にしろ、原発にしろ、津波にしろ。何がどうなのかピンポイントにまとめるのも大切ではないかと。まぁ、こんな状況だから混乱は割けられないが、お互いに頑張りましょう。

では…
Commented by yaskazu at 2011-03-14 22:24
>つる様
お気遣いありがとうございます。
まぁ、寝込んだのは阪神の時だからもう16年前の事なんですが、今度の震災にしろ、新潟の時にしろ、先日のニュージーランドにしろ、大きな地震のある度にフラッシュバックして、滅入る気分になるのは確かです。

惨状を伝える事は大切な事だと思うのですが、それがテレビという媒体で繰り返し流されると、仮にそこに意図が無くとも、ある種の興味本位的なものを印象づけてしまうのは避けられないと思うのですよ。

そしてそれが、当事者の目に入った時に与える精神的影響とか考えたら、やはりもう少し考えるべきじゃないかと思います。

今はまだ混乱してて、情報が錯綜するのは、仕方がないというのも理解しているつもりです。
でも、だからこそ正確で的確な報道を、本当に必用な情報を、迅速に伝えてほしいと、願うのですよ。
<< 無力だけど・・・ この場を借りて >>