Z旗
東京都の“例の条例”に対し、まっ先に意義を唱え、アニメフェアへの不参加を表明した事で、結果的に業界全体の意志を示す“Z旗”を揚げるカタチになった、“角川書店”の“井上伸一郎”社長のインタビュー記事が、掲載されていました。

都青少年健全育成条例改正:性描写規制、「つぶやき」うねりに 角川書店社長に聞く

詳しくはリンク先の記事を読んでいただければ幸いとして、どういう経緯で、どういう理由で、今回の件に至ったかということの概要は、なんとなく理解できる気はします。



私個人は、槍玉に挙げられてる作品群のようなものに対しては、確かに今のような野放し状態には何かしらの規制は必用だと思ってるので、井上社長の意見に対しても、ちょっと同意できない部分もあるのですが、それ以上に今度の条例に対する違和感や、納得も同意もできかねぬ事に対しては、全くの同意見。
おそらく、著名な漫画家さん、作家さん、業界関係者が反対する理由も、同じ部分にある。

以下、その自分的に同意する部分を、ちょっと抜粋。

>都条例の施行規則では、性表現のみならず暴力や犯罪行為を賛美する表現なども規制されている。まともに受け取れば、なにも描けなくなる危険性がある。条文だけはあるので、人が代われば、解釈次第で都合のいいように規制されかねない。これが一番危倶するところ。世の中では強(ごう)姦(かん)や犯罪行為は実際に起きている。作劇上必要であれば、そういう表現をすることだってある。 

>もう一つ、施行規則には「優良図書の推奨、表彰」がある。為政者に都合のいい漫画を描いていれば、都からご褒美をもらえる。私はそれがものすごく嫌だ。権力が都合の悪いものを規制し、一方で都合のいいものを描かせたいという「衣の下のよろい」が見える。それは思想統制など一定の方向に誘導できる可能性がある非常に危険な条例だ。


特に後半部分、「権力が都合の悪いものを規制し〜思想統制など一定の方向に誘導できる可能性がある非常に危険な条例」という部分、ここが正に自分としても全く同じ意見なんですね。

例えば、民間の“倫理ナントカ”とか、“ナンタラ擁護カントカ”とか、よく分からん団体さんや運動家さんとかの、メディアやクリエイターとかへのインネンつけなんかとは、根本的に性質が違う。

今回の条例で一番危ういのは、これを行なおうとしてるのが“権力”である事。
“政治”や“権力”が、文化を規制、統制、誘導しようとするのは、ファシズムへの第一歩になりかねないんですよね。

最初に書いたように、私は基本的には、今の“行き過ぎた作品”の野放し状態に対しては、ある程度の規制は必用だと考えてます。
本来、モラルやマナーで守られていたものが、一部のルール違反者によってそれが崩壊し、結果的に法によって取り締まられ、萎縮していったものを、過去にいくつも見てきてるもの。

だからこそ、それは業界側やファンが率先してルールを決め、作り、守っていくべきもので、“権力”が号令をあげて行なうべきではない、行なわせてはいけないものなはずなんですよね。

それが、自分達の趣味や、ひとつの文化、それに携わる多くの人々の職業や生活を守り、巨大な“力”による支配や統制に抗う事にも繋がっていくと思うのですが・・・さて、どうなる事やら。

ところで、前から思ってたんですが、高寺Pの転職先の社長の名前が“井上”“伸一郎”っていうのは、なにかの冗談ですか?(笑)
[PR]
by yaskazu | 2011-02-01 23:39 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15434359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 晴れた日に胸を張って 終わらない >>