本当の武器は強い心
最初、新聞で記事を見たとき、憶えのある名前だとは思ったけど、パッとは思い浮かばなかった。

池田敏春監督:三重沖で死亡 映画「人魚伝説」

少し気になったので、Wikiで調べてみて、漸く氷塊。
そうだ、「超星神」シリーズの監督だった人だ。

咄嗟に思い出さなかったのは、特ヲタとしては迂闊だった・・・

現時点では死因は不明のようだけど、もし本当にご自分で命を断たれたのだとしたら、少なからずショックではあります。

人が自ら旅立ってしまうには、余程の事があるのだろうとは思うし、その事自体を責める事は誰にもできない。

でも、だからこそ・・・・なんともやりきれないというか、切ない気持になってしまいます。

記事のタイトルは、「超星神」のシリーズの中では一番好きな「セイザーX」の主題歌の3番の一節。
この少し後に「僕が空になる、僕が星になる」という詞があり、結果論であっても、妙に意味深。

特ソンの中ではとても好きな曲のひとつですが、これからは聞くとき、歌う時に、別の感情が入ってしまいそうです・・・
[PR]
by yaskazu | 2011-01-29 22:44 | ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15416414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 覚悟 弱り目に祟り目 >>