走破
間寛平のアースマラソン、今夜なんばグランド花月にて完全走破となったそうです。

全部ではないけど、私もあの番組飯食いながらand後片付けしながら観てましたが、構成や演出といった番組の“ツクリ”自体は、例の24時間マラソンのそれと同じようなものなのに、24時間マラソンのような“嫌な感じ”があまりなかったのは、寛平ちゃんの“人となり”とかもあるだろうし、多分“感動しろコノヤロー”的な、作られた“あざとさ”がなかったからなんでしょう。

迎え入れた人間が、明石家さんまを始めとする“仲間”や“家族”が殆どだった事もあり、ボケツッコミで展開される笑い優先のやりとりは、下手なお涙頂戴の湿っぽい絵づらよりも、むしろ自然な優しさや温かさを感じられたし、涙も自然に思えて、好感を持ちました。

そういえばその24時間マラソンも、一番最初は寛平ちゃんでしたっけ。

多分24時間マラソンも、最初はそういった“行なった事”へ贈るエールから来る、ごく自然な感動を伝える意図で始まったんじゃないのかと、ちょっと思いました。

目的が手段に転じてしまった時、物事は変質していってしまうのでしょうね、どんなものも・・・

ともあれ、寛平ちゃん、お帰りなさい!
[PR]
by yaskazu | 2011-01-21 23:54 | 日々の戯れ言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15373426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 貫禄 連日 >>