敢えてひねくれて星を睨んでみる
ボランティア精神や、寄付寄贈文化とか、それが話題になる事や広がる事自体は良い事だし、素晴らしい事だと思う。
なにもやってない(できない)自分がどうこう言うのはおこがましいと言うか、口出しする資格すらないとも思う。

でもね、いまのこの状況って、日本人の気質を考えると、残念ながら一時期の流行りもので終わっちゃうんじゃないかって、穿った見方しちゃうんですよね(^^;



多分、最初に“伊達直人”を名乗った人は、この時期に現れる“町の天狗”や“足長おじさん”的感覚で寄付をしたのだろう。
ひょっとしたら、これまでもそういう事を匿名で続けていたのかも知れない。

そういう人が、元々知っていたのか、或いは何かの機会に“伊達直人”の事を知ったかで、ちょっとした“シャレッ気”のつもりで、この名を使ったんじゃないかなっていうのが、この話題を知った時の、私の第一印象でした。

ヘー、なかなか粋じゃないか。

話が最初の一報だけなら、私も素直にそう思って、心で拍手してたと思うけど、あれよあれよ言う間に、日本全国で伊達直人さんの大安売り状態。
果ては差別化のためか何か知らないけど、なんか“キャラクター合戦”みたくなってたり・・・

こうなってしまうと、元来がひねくれ者な私としては、なにか釈然としなくなってしまう訳で・・・(^^;

いや、実際に寄付された方の多くは、純粋、真摯な気持でされたのだろうと思うし、“そういう気持”はあっても、日本人特有の“照れ”のようなものが邪魔してできなかったのが、この機会に行動に出るきっかけになったのだとしたら、煽るようなマスコミの報道も、まんざら悪いもんじゃないとも思う。

仮に、御自身も苦しい中、身銭を削ってでも寄付されたという方もいるかも知れないし、単純に金持ちの道楽的な感覚だった人もいたかも知れない。
でも、それらのどれがいい、何が悪いって事は、多分ない。
そういう行動をとるということ、そのものに意味があるのだと、それは本当にそう思う。
自分が何もやらない、できないからこそ、なおのことそう思う。

それ故に、恐らくはこれが・・・悲しいかな、一過性のものに終わってしまうだろうことが、どうにも切なく思ってしまうのですよ。

こういうことがブームのようになるというのは、現在の日本が果てしなく世知辛い事の、裏返しだと思うのですよ。
バブル期のように豊かならば、逆にこういう事は起きなかったろうし、ニュースとしても成立しなかったと思う。

将来、バブル期とまではいかなくとも、今より少しは日本が豊かさを取り戻し、日本人の心や生活に“ゆとり”が生まれたときに、こういう話題が当たり前になっている事が、本当の理想なんじゃないかな?

そう、おぢさんはひねくれた目で、冬の冷たい星空を睨んでみるのです。
[PR]
by yaskazu | 2011-01-13 23:54 | 社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yaskazu.exblog.jp/tb/15329007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2011-01-14 10:34 x
おっしゃる通りだと思いますね~
毎年この時期恒例の…という状況になれば何よりなのですけど。

心が真っ黒な私は、最初「文具屋の販促?」なんて思ってしまいました。(汗
現金で贈られてきたら着服する人がいるのではとか、余計なことも考えてしまいます。
それでも、一過性でも、困っている人の為に何かをしてあげたいという気持ちが日本人にあるというのを垣間見れたのは良かったかなと思いました。
Commented by yaskazu at 2011-01-14 22:22
>つ様
私も、正直なにか“裏”があるんじゃないかとか、思ってましたよ(^^;

一過性であれ、ブームであれ、弱者に手を差し伸べようとする気持が、まだ日本人にも残ってる事が分かったのは、私もよかったと思うのですよ。

だからこそ、その気持を持続させる事や、どうすれば有効に使えるかという事は考えるべきだし、サポートする人もいてほしいなとも思います。

結局、日本人って案外こういう福祉精神や寄付文化に、不慣れなんだなとも思います。
Commented by tomoko at 2011-01-15 21:10 x
 結果として子供たちに恩恵があるならどんな形でもきまぐれでも構わないと思いますが、やはり本当に必要なのは継続ですよね。でも、この件でそういう施設の苦しい実態が世に出たことはよかったと思います。あと、タイガーマスクの本やDVDに注文殺到ということですがあの作品が若い人や子供たちに広く読まれるのはいいことですよね。
Commented by yaskazu at 2011-01-15 22:34
>tomoko様
それで子供達がひとりでも笑顔になれるなら、それでいいと思うし、それこそが福祉や慈愛の精神だと思うのですよ。

ただ、だからこそ一時の流行りで終わってほしくない訳で。

タイガーマスクは、若い人に知ってもらいたい作品のひとつですね。
原作とアニメ、双方共に各々の良さがあるから、是非全て網羅してほしい。

実在の、新日本プロレスの佐山サトルの初代タイガーマスクが、元々はタイガーマスク二世とのコラボ企画で誕生した辺りまでは、一応基礎知識として知ってほしい物です(笑)
<< ヒットなし 赤いシグナル非常のサイン >>